Unity を検索

Floor view of people walking
Floor view of people walking
取り上げているトピック
シェア

Unity は急速に成長しています。そして、社員にも一緒に成長してもらいたいと考えています。これを推進するための方法の 1 つとして、Internal Mobility プログラムを提供しています。

社内の動きのサポートを強化するために、2019 年半ばに正式なプログラムを立ち上げました。また、社内にジョブボードを開設し、全社員がチャンスを発見できる場を作りました。

2 年半前にプログラムを開始して以来、500 人以上の社員が Unity 内で新たな役割を見つけるために Internal Mobility を利用してきました。

キャリアには紆余曲折があり、必ずしも直線的ではないことを、これらの社員が教えてくれました。核となる経験を深めてリーダーシップを発揮する社員もいれば、まったく新しい部門において以前と似た役割を担い、経験の幅を広げている社員もいます。キャリアにおいて重視することを完全に新しいものに変えた人もいます。

社内では、長期的なキャリアを考える講習をシリーズで開催し、社員が Unity でキャリアを積むさまざまな方法や、他の社員へのアドバイスを紹介しています。その中から 3 つのストーリーをご紹介します。

Elizabeth のキャリアの変化

Image of Elizabeth Guzman

キャリアの変化:AEC フィールドエバンジェリスト → 産業分野のカスタマーサクセス担当リード

オフィス:モントリオール

私の Unity でのキャリアは、2019 年 10 月にゲーム以外では初となる、AEC(建築、エンジニアリング、建設)向けに特化したフィールドエバンジェリストとして始まりました。アーキテクトとして、AEC への情熱を Unity コミュニティで共有することができる機会となりました。Unity のエバンジェリストとしての私の役割には、私の顧客中心として仕事をしてきた経験と、担当分野の専門知識がかなりの程度要求されるものでした。そして、ユーザーに会って交流するために出張することもありました。時間の経過とともにポジションが変わり、残念ながらパンデミックの際には旅行ができませんでした。採用チームや元上司、現上司のサポートを受けながら、カスタマーサクセスにおける私の情熱と経験に関連する社内の役割を模索し始めました。エバンジェリストとして約 2 年間活動した後、産業分野担当のリードとしてカスタマーサクセスチームに異動しました。私は新しく素敵な能力を身に着けたことで、顧客とより密接に働くことができるようになりました。

私のモチベーションになるもの

私は、ユーザーに最高のサービスと体験を提供することに情熱を注いでいます。この新しい役割によって、私は自分のキャリアパスの中で成長を重ね、顧客が目標を達成する助けとなるよう、長年行ってきたことに立ち返ることができます。

キャリアを変える際のアドバイス

人生はどこでどうなるかわからないものです。私はアーキテクトとしてスタートし、この新しいキャリアの道を歩み始めました。新しいことに挑戦し、自分のスキルや知識、経験がどこまで通用するかを知るのに、遅すぎるということはありません。怖いかもしれませんが、外に出て、学び続け、今まで共通点があると思っていなかった人たちとつながってください。自分を枠にはめることなく、人生のさまざまなチャンスを探ってみると、驚くようなことが起こるかもしれません。

Rasmus のキャリアの変化

Image of Rasmus Moller Selsmark

キャリアの変化:QA リード → インフラツールリード → DevOps リード → シニアソフトウェアエンジニア

オフィス:コペンハーゲン

Unity は急成長している会社で、常に変化し続けています。私は 2013 年に Unity に入社し、これまでに複数のポジションを経験しました。私はコペンハーゲンとベルリンで QA リードを務めた後、コペンハーゲンではインフラチームのリードに転じ、Unity エディターのインストーラーなどを担当しました。2015 年の春、買収した Unity Ads チームの一員としてヘルシンキオフィスに異動し、品質保証(QA)チームを率いる機会を得ました。すべての QA エンジニアをそれぞれの開発チームに異動させることに成功した後、ヘルシンキとサンフランシスコのオフィスにまたがる Unity Ads の DevOps チームを作り、リードするという新たな機会を得ました。ヘルシンキでの 4 年間を経て、2019 年の夏にデンマークに戻ってきました。その後、2021 年の初めに、コペンハーゲンの DOTS Production Engineering チームにシニアソフトウェアエンジニアとして参加し、Unity DOTS 製品のビルドとリリースのためのツールを開発しました。

私のモチベーションになるもの

Unity は成長を続けています。私にとって、そこで新しいことを学ぶ機会を見つけることが大切です。仕事に固執するのではなく、自分のキャリアの目標にとって何がベストなのか、自分のスキルを使って Unity にとっての資産と言える人材になるにはどうしたらいいのかを考えることを重視しています。

キャリアを変える際のアドバイス

Unity が将来的に必要とすることが予想され、かつ自分が興味を持てるポジションはどこかを考え、それらの要素の間のつながりを強化することに注力します。それは、スキルや特性を磨くことであったり、単に Unity の素晴らしい友人や同僚たちとのネットワークを強化することであったりします。そこに皆さんにとってのチャンスがあります。

Yejin のキャリアの変化

Image of Yejin Moon

キャリアの変化:採用コーディネーター → HR オペレーションスペシャリスト

オフィス:ソウル

グローバルの採用オペレーションチームの採用コーディネーターとして、Unity でのキャリアをスタートさせました。私は 1 年間契約社員として採用され、その後、正社員になる機会を得ました。ちょうどその頃、ソウルオフィスに HR オペレーションスペシャリストという新しい役割ができました。この会社で働けることを心から喜び、誇りに思える会社で、人事の他の分野を探求する絶好の機会だと感じました。私が Unity でキャリアを築き続けることに熱意を注いだ理由は大きく 2 つあります。ひとつは世界中の同僚とグローバルな環境で働くことができること、そして Unity は変化し続ける環境で成長を遂げるために失敗を恐れない会社であることです。核となる価値観があり、仕事面でも個人面でも成長させてくれる場所なのです。

私のモチベーションになるもの

私が Internal Mobility プログラムに応募した主な動機は、HR 分野の仕事で従業員と接する側面をもっと探求したいと思ったからです。人材採用チームでの経験では、外部のステークホルダー(候補者)に焦点を当てていましたが、その中で自然と、Unity での仕事を容易かつ効率的にするためのプロセスやポリシーの設計など、オフィス内で行われる人事業務に興味を持つようになりました。

キャリアを変える際のアドバイス

ひとつアドバイスするとすれば、自分が成長したいと思っている分野への興味を上司と率直に話し合うことです。すぐにはチャンスがないかもしれませんが、Unity が規模を拡大していく過程で、いずれはチャンスが訪れるかもしれません。私の場合、会社はサポートしてくれ、退職して他の場所でそれをするよりも、ここで私の成長を手助けしたいと言ってくれました。だから、Win-Win だと思いますよ。

Unity で次のステップへ

Unity のような成長企業にジョインすることで、皆さんのキャリアは新たな方向に向かっていくでしょう。グローバルに採用活動を行っています。現在の募集状況については、採用ページをご覧ください。

他にも、以下のページをご確認されることをおすすめします。

2022年1月26日 カテゴリ: コミュニティ | 8 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿