Unity を検索

Unity で働いてみませんか ― Unity の採用プロセスのご紹介

2020年11月5日 カテゴリ: コミュニティ | 8 分 で読めます
取り上げているトピック
シェア

Unity の成功は、従業員に支えられています。弊社は急速に成長しており、世界中で採用活動を行っています。採用プロセスで皆さんが体験しうること、および弊社が採用候補者の皆さんに何を求めているかについて、この記事にまとめました。ぜひご一読ください。

Unity はいま、驚くべきスピードで成長しています。そして私たちは、正しい形で成長を遂げたいと考えています。どのような人を採用するかと同じくらい、どのように採用するかということは、将来、私たちが成功を収めるかどうかを決める重要な要素です。従業員と雇用者の間の良好な関係は透明性に基づくものであり、かつ候補者の方を採用する前から一貫して、透明性は保たれているべきです。また私たちは、Unity で働くことに興味をお持ちの方に、できるだけ広く採用のチャンスをご提供したいとも考えています。

このブログ記事では、私たちが特に重要だと考えている価値観やスキルについて面接でお聞きするやり方や、Unity での典型的な採用プロセスがどのようなものかを説明し、面接の質問に答えるためのヒントも少しご紹介します。

 

採用中の職種を確認する

皆さんにお聞きすること

Unity では、構造化面接法を採用しています。この面接スタイルでは、同じ職種の面接を受けるすべての候補者に同じ質問をします。構造化面接法を採用することで、偏りを最小限に抑え、候補者を他の候補者と比較するのではなく、採用対象としている職種に合わせて評価することができるようになります。

Unity の面接は、主に行動スキルに基づいた質問で構成されています。これらの質問は、面接を受けるポジションへの適性と、Unity の価値観やカルチャーへの適合性の両方を評価するために行われます。

これは、理論的な質問をするよりも、採用候補者の皆さんのこれまでの経験に基づいて質問をした方が、より面接に臨んでくださる皆さんのことをより深く知ることができるという考えに基づいたものです。以下のようなもの質問から始まることが多くなるでしょう。

  • 「...の時のご自身のことについて教えてください。」
  • 「...の時のことを例を挙げてご説明していただけますか。」
  • 「...という場面について説明してください。」

私たちは候補者の方をだましたり、やり込めたりするために面接をしているのではありません。また、面接の担当者は皆さんが質問に答えるサポートができるように、きちんとトレーニングを受けています。

Top Tip: STAR method - Situation, Task, Action, Result

私たちはリーダーを求めている

候補者との面接では、Unity に適した人材かを判断する基準として、4 つの重要なスキルが身についている人物が示す特徴を探します。これら 4 つのスキルは、Unity の全従業員が参加できるリーダーシップ研修の内容としても取り入れられています。これら 4 つのコアスキルは、Unity で働く人たちが成長を遂げるための社内フレームワークを推進するためにデザインされたもので、Unity ではこれらのスキルに関する教育、サポート、およびスキルを伸ばすための奨励活動が行われています。

アクティブリスニング

会話に参加し、重要なポイントを明確にし、自分が理解していることを確認することは、積極的に話を聞くということを構成する要素です。私たちは、好奇心、オープンなマインドセット、さらに調査や明確化を必要とするポイントを深く掘り下げる能力を求めています。

アラインメントの促進

アクティブリスニングはアライメントを促進するための重要な要素です。アライメントを促進することで、全員の声を聞くことができ、最高のアイデアが勝ち残る環境が生まれます。結果、全員が同じ方向を向いたうえで決断を下せるようになります。

激しいフィードバック

フィードバックを与えることは難しいですが、重要なことです。ネガティブなものでもポジティブなものでも、直接かつ簡潔にフィードバックをすることで、問題を迅速に修正したり、優れた仕事を認めたりすることができます。

関係の構築

世界中に顧客を持つ企業として、外部との関係をどのように構築するかを知っていることは非常に重要です。地理的に分散しているため、社内でも関係を築く必要があります。そのためには、敬意と共感の念を持つことが必要です。

これらのスキルをどのように測定しているのかを知っていただくために、ここでは面接の質問例をご紹介します。

Example interview questions: Active listening, driving for alignment, fierce feedback, building relationships
リーダーシップ能力を評価するために使われる質問例

私たちにとって大事なこと

私たちの価値観は、私たちの行動の中心にあるものです。私たちの価値観は、私たちの行動の中心にあります。これらの価値観が私たちにとって重要なものであることはもちろんですが、候補者の皆さんにとっても大事なものであってほしいと願っています。採用プロセスでは、候補者の皆さんがこれらの原則をどのように体現し、これらの原則に沿ってどのように行動しているかを見ています。

ユーザーファースト

私たちはユーザーをまず第一に考えます。彼らはロックスターで、私たちは彼らの最大のファンなわけです。私たちはユーザーを第一に考えて一所懸命になることで、同じ方向を向くことが出来て、良い仕事を彼らに届けられます。

以下に示すような候補者を求めます。

  • ユーザーのニーズを常に念頭に置いていること(「ユーザー」が外部の顧客であるか、社内の関係者であるかを問わず)
  • 同僚やユーザーと上手く関係を築けること
  • 異なった視点からの意見を聞きいれ、理解すること

最高のアイデアが勝利する

素晴らしいアイデアはどこからでも出てきます。私たちはガツガツ議論して、お互いの意見をちゃんと聞いて、学び、確実に絶対にぜーーったいに最高のアイデアを採用します。そのためには、時に不愉快な、荒れた議論の痛みも引き受けていきます。

以下に示すような候補者を求めます。

  • 他のアイデアや他者からの意見に対してオープンであること
  • 自分たちの計画だけを見るのではなく、より大きな良いことのために働いているという信念を持つこと

共に歩む

私たちはみんな Unity の一員で、Unity の所有者のように振る舞います。精力的に発言し、実際に行動に移します。そのときには、良い意図をもって、率直で直接的にやります。お互いの個性を尊重し、一丸となって物事に取り組みます。

以下に示すような候補者を求めます。

  • チームメンバーと効率よくコミュニケーションを取れること
  • フィードバックを与え、求め、受け取ることについてオープンであること
  • 自身と他者の双方に対する共感と敬意をもって接し、先導していくこと
  • 誰にでも学ぶべきことがあることを認めること

大胆にやる

私たちは冒険を恐れません。ときには失敗することもあるでしょう。しかし、失敗から学び、成長し、何度でも挑戦します。お互いに競い合いながら限界を超えていくことによって、一見不可能なことを成し遂げます。常に好奇心とハングリー精神を持ち続けます。

以下に示すような候補者を求めます。

  • 問題解決に対する意欲に満ち、また問題解決を好むこと
  • 現状に満足せず、分かった上で敢えてリスクを取りに行くこと
  • 完璧主義に走らず、失敗から学ぶことを厭わないこと

私たちはどのように自らの価値観を実践しているか

A Venn diagram of how our leadership skills and values intersect with empathy, respect, and opportunity.
共感と敬意、それにチャンスが、私たちのリーダーシップスキルと価値観を結びつける

Unity では、バックグラウンドの違いや、異なる考えや意見もすべて受け入れる(インクルーシブである)職場づくりに取り組んでいます。様々な背景や民族の人々が一緒になることで、問題がより効果的に解決され、前向きな変化への道が開かれます。 詳しくはこちらをご覧ください。

インクルーシブであることは Unity の DNA の一部であり、私たちの価値観を実践するために、私たちがリーダーシップを発揮するやり方そのものです。

共感とは、たとえ自分がそのような経験をしていなくても、他者の視点や経験を認識することであり、それによって人とのつながりを促進します。敬意は、個人の違いを認める共感的な行動を呼び起こし、それによって信頼を築きます。チャンスは、人々が自分の知識と経験に基づいて貢献し、創造し、導いていくように力づけることにつながり、それが敬意に基づいた公平性をサポートします。

私たちは、「共感」「敬意」「チャンス」に基づいたインクルーシブな職場という Unity のカルチャーに沿った人材を採用したいと考えています。

採用までのステップ

Overview of the interview process, from recruiter phone screen to hiring manager review/screen to skills assessment to onsite meeting.
採用プロセスの大まかな概要

Unity の採用チームでは採用と面接のプロセスを開発し、これを質問の内容に至るまで、グローバルオフィス全体で統一して運用しています。

リクルーターによる電話スクリーニング

弊社のウェブサイトの採用セクションから応募された方も、弊社から接触させていただいた方も、応募者としての道のりは応募書類の審査から始まります。皆さんの経験が弊社が採用を行っている職種に適していると判断された場合は、弊社の採用チームのメンバーが電話面接にお招きします。

このステップの内容:通常は 30 分間のインフォーマルな電話で、皆さんのことをもう少し詳しく知り、Unity と採用機会について詳しくお話しし、皆さんが初期段階で抱かれる質問にお答えします。

採用マネージャーによるレビューとスクリーニング

候補者が適任であると判断された場合、リクルーターは採用マネージャーに候補者を紹介します。採用マネージャーの同意が得られれば、採用担当チームが次のステップのスケジュールを立てます。

このステップの内容:通常、30~45 分の電話またはビデオ通話で、採用マネージャーが、面接している職種に関連する皆さんの経験をさらに掘り下げていきます。採用マネージャーはある状況を想定した場合の質問(後で詳述します)をし、皆さんが職務に対して抱いた質問に答えます。

スキル評価

採用マネージャーによるスクリーニングの後、職務に関連するスキルの評価を行います。

このステップの内容:スキル評価が必要なのは技術関連の職務だけではなく、面接を行っている職務によってライティングやコミュニケーション能力など、様々なソフトスキルを評価します。

「オンサイト」ミーティング

スキル評価に合格した方は、より多くのチームメンバーとの面接に招かれます。

このステップの内容:事前にアジェンダをお送りしますので、どのような人物が面接を担当し、どのくらいの時間がかかるのかがわかります。オンサイト面接では、皆さんの価値観が Unity での働き方とどのくらいフィットしているかを評価するための質問も行われます。*

*COVID-19 によるパンデミック下でのリモート面接に対応するため、プロセスを微調整しました。面接ガイド(英語)で、このステップの内容について詳細をご確認いただけます。

リファレンスチェック

内定を出す前の最後のステップは、皆さんに関するリファレンスチェックです。

このステップの内容:皆さんの元上司、同僚、同僚、直属の部下などの連絡先をご提供いただきます。現在の雇用主に連絡を取ることはありませんので、ご安心ください。

採用情報をチェック

弊社の採用情報をご覧いただき、全世界の Unity のオフィスで、どのような職種が募集中か、ご確認ください。

ご応募いただく職種ごとの採用プロセスに臨む上で有用な情報を提供する、動画、ブログ記事や他のオンラインコンテンツも数多く見つけられると思います。また、以下のリンクから基本的な情報はあらかじめカバーしておくことをおすすめします。

皆さんとお会いできることを楽しみにしております!

2020年11月5日 カテゴリ: コミュニティ | 8 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿