Unity を検索

Screenshot of Unity Mars software
Screenshot of Unity Mars software
取り上げているトピック
シェア

ボディトラッキングのためのツール、新しいコンテンツ集、コンパニオンアプリが新たに登場!

Unity MARS は、拡張現実(AR)クリエイターに専用ツールと合理的なワークフローを提供し、現実世界と完全に融合したインテリジェントな複合現実(MR)体験・拡張現実体験を作り出すことを可能にします。Unity MARS は、環境やセンサーのデータを開発ワークフローに取り入れることで、現実空間の状況を理解して動作する AR アプリケーションの構築を支援します。

ここ数回のリリースでは、ボディトラッキングを含む Unity MARS の機能拡張、AR Foundation との後方互換性の向上、さらにユーザーがより気持ちよく MARS を使い始められるような体験の提供に注力してきました。これらの改善は、AR アプリケーションで使われる新しいタイプの現実世界の認識機能に対応し、すでに進行中の Unity AR プロジェクトにおけるツールの利便性を向上させ、既知のバグに対処するものです。

サブシステムとしてのシミュレーション

(ツイート本文の参考訳:シミュレーションのサブシステムを紹介したいと思います。これにより、既存の AR Foundation プロジェクトに MARS を導入し、シミュレーションビューで実行することができます。これはコード上でのいくつかの注意点を除けば、ほぼ「普通」に動作します)

XR 部門のシニア開発者アドボケイトである Dan Miller が、サブシステムワークフローとしてのシミュレーションのデモを行った。

Unity MARS は、現在開発中の AR アプリケーション、あるいはリリース済みの多くの既存 AR アプリケーションを支えるフレームワークである AR Foundation を基礎として構築されています。既存の AR Foundation プロジェクトを Unity MARS に統合することを容易にするために、私たちはサブシステムとしてのシミュレーションを構築しました。これは、既存の AR Foundation プロジェクトに Unity MARS をインポートするだけで、上手く動作するようにするものです。Unity MARS で提供される強力なシミュレーションシステムを活用して、アプリケーションのテスト、イテレーションを行い、開発を進めることができます。

シミュレーションシステムは Unity MARS で最も人気のある機能の 1 つで、AR 体験を開発する際のイテレーションのサイクルを劇的に短縮してくれます。シミュレーションビューでは、実世界データまたはシミュレーションされたデータを使って、さまざまなシーンやシナリオに対して AR コンテンツを表示し、テストすることができます。また、想定した場所で AR 体験がスムーズに動作することを確認するためにも役立ちます。

Unity XR tech stack

現在、AR Foundation では、平面、イメージマーカー、顔のランドマーク、点群のシミュレーション、およびレイキャスティングを直接サポートしています。今後のリリースでもサポートする機能を追加していく予定です。

ボディトラッキング

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

プラットフォーム(特に iOS)が提供するボディトラッキング機能により、モバイルデバイスで直接、バーチャル試着を行ったり、デジタルコスチュームを着たり、あるいは高価なデバイスを必要とせずにモーションキャプチャーを行うことができるようになりました。Unity MARS によって、AR 開発者が(服のような)コンテンツを人の体にどう重なるか(着せるか)をシームレスに記述し、その体験を Unity エディターでシミュレーションできるようにしたいと考えています。

Unity MARS のプロキシは、Mecanim で定義された人間のアバターのリグと身体の姿勢をサポートするようになりました。また、Unity MARS Simulation は、リギングとアニメーションが可能な、合成された人間のアバターをサポートし、開発している体験をテストするためのサンプル環境を作成することができます。これらの機能はすべて AR Foundation によって実現されています。

新たに追加されたサンプルと、追加リソースを提供するコンテンツマネージャー

The content manager - Includes, MARS Nav Mesh, AR Foundation Standard and more.

Unity MARS は、Unity の製品の中でも最もコンテンツが充実している製品の 1 つです。私たちは、ユーザーにとって何がうまくいっているのか、どこを改善すればよいのかを注意深く観察してきました。その結果、パッケージマネージャーやパッケージサンプルのような検証されたソースから、GitHub やフォーラムのような実験的でペースの速いソースまで、いずれのソースにおいてもコンテンツを見つけるところに課題を抱えていることがわかりました。また、Unity MARS に新たに依存するサンプルコンテンツの配信にも課題がありました。また、ユーザーには、ファイルサイズを抑え、新しいコンテンツが利用可能になったらプロジェクトをアップグレードするという、(好みに応じてチョイスする)アラカルト的な体験をしてもらいたいと考えています。

コンテンツマネージャー(ベータ版)は、こうした課題に対して私たちが提示する解答です。ユーザーの皆様がそれを試すことができるようになり、嬉しく思っています。コンテンツマネージャーは、GitHub、フォーラム、パッケージマネージャーで利用可能なコンテンツを 1 つの場所で表示する、製品を中心としたビューです。今のところ、コンテンツマネージャーの展開はゆっくりしたものですが、今後のバージョンでは、Unity MARS のインストールサイズはより小さくなり、新規および既存のコンテンツがコンテンツパックに分割された形で表示されるようになります。

Unity MARS をインストールすると、Unity のメインメニューにコンテンツハブが表示されます。ここで Window -> Content Manager と選択してください。皆様にぜひご覧いただきたい体験やアセット、デモをご用意しています。そして、これも最初の一歩に過ぎないのです。

Unity MARS コンパニオンアプリ

Unity MARS コンパニオンアプリ(ベータ版)は、オーサリング環境と一緒に動作し、ターゲット環境における AR アプリの実行をより高効率で高精度なものにします。

iOS および Android 端末で利用可能なこのアプリを使って、クリエイターは実世界データを直接端末に取り込み、Unity エディターに持ち込むことができるほか、コンテンツの作成やアセットのレイアウトも端末上で行うことができます。

このアプリはオープンベータ版として提供されています。このツールの開発を進める上で、皆様にぜひお試しいただき、ご意見をいただきたいと思います。ベータ版についての詳細はこちらをご覧いただき、ご意見はこちらのアンケートにお寄せください。

Unity MARS の詳細をご確認ください

Unity MARS のページでは、機能、価格、チュートリアルなどの詳細情報をご覧いただけます。ご質問、製品サポート、フィードバックについては、Unity MARS フォーラムをご覧ください。

2021年3月12日 カテゴリ: テクノロジー | 10 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿