Unity を検索

取り上げているトピック
シェア

Appleは先日、新しい世代のApple TVと新しいOSである tvOS を発表しました。この新しいOSであなたのゲームをApple TVに展開できるようになりました。そして、わたしたちは実はすでに、Unityで作られたゲームをこの新しいプラットフォームで動かすための開発に取り組んでいて、先日のAppleのイベント発表時にも何羽かのトリさんが道を横切るのをお手伝いさせていただきました ;) 今日みなさんにそのことを発表出来て、とても嬉しく思っています。

さて、tvOSはiOSの資産を受け継ぐOSとして作られていますが、同時にさまざまな見直しが行われています:iOSに存在した数々のフレームワークが欠けており、そしていくつかの新しい必要事項が追加されています。TVは一般的にスマートフォンやタブレットと比較してコンテンツの表示方法、消費方法やインタラクションの作法が大きく異なっているので、iOSプラットフォームの延長として扱うよりは全く別のプラットフォームとして扱う方が正しいでしょう。

CrossyRoad AppleTV

現在、わたしたちはApple TV対応を磨き上げるため、限定的なユーザーグループを通じて改善作業を行っています。もしすでにApple TVの開発機をお持ちならこのグループに招待することが出来ますので、お気軽に私たちにご連絡ください。クオリティがパブリックベータに十分なものになりましたらば、公開のベータ版として提供を開始いたします。現在、このタイミングがいつになるか決まった日程はありませんが、2015年秋のあいだに提供することを予定しています。

Apple tvOS 向けのビルド機能はiOSアドオンライセンスの機能の一部として提供いたします。もしあなたがUnity Proユーザーならば、iOS Proアドオンが必要となります。tvOSのビルド機能は、Unity Personal Editionユーザーもご利用頂けます。

Apple TV向けにゲームを準備するには

新しい世代のデバイスがリリースされるまで待つ必要はありません!実は、tvOSにゲームの対応準備を始めるのは今すぐにでも可能です。iPhone6+ をお持ちなら、これをHDMIケーブルを通じてテレビに接続し、ワイヤレスのMFiコントローラーとペアリングすれば、tvOSの体験とかなり近いものを構築できます。以下にあなたのゲームをtvOS向けに準備するための簡単なチェックリストを作成しました:

  • 最新のUnity 5.xでゲームが問題なく動作するようにしましょう。Apple TV対応はリリース時の最新のUnity 5のバージョンより提供開始されます。
  • Apple TV のリモコン (Apple Remote) のみでもゲームのコントロールが可能なほうが望ましいです。とはいえ、Apple Remote がない状態では、ゲーム用コントローラーで動作するようにするのがベストでしょう。ゲーム上のすべてのUIがゲームコントローラーでも動作するようにしっかりと対応しておきましょう。スクリーンに一切タッチすることなくゲームが遊べるべきです。その上で、新しい Apple Remote の提供するジェスチャーやジャイロ、加速度を使った入力への対応を改善していくのは、それほど大変なことではないはずです。
  • Apple TVは実質的にゲームから利用可能な永続ストレージが存在しません。ゲームのセーブデータなどがある場合は、クラウドに移行させることが必須となります。
  • Apple TVはストリーミングを前提としたデバイスであり、ゲームが200MB以上ある場合はコンテンツがストリーミングされながら提供されることが期待されます。これに対応するためには、オンデマンド・リソースのサポートが必要となります。詳しくはこちらの記事をお読み下さい。
  • ほとんどのプラグインはtvOS向けに再コンパイルが必要になります。また、Apple TVではいくつかの機能については利用出来ない可能性もあります。ご利用中のプラグインをレビューして、必要に応じてプラグインの提供者にApple TV対応について問い合わせるのがよいでしょう。

そして、大きなTVスクリーンであなたの家族とゲームを一緒に遊べるというこの新しい体験について、あなたのゲームで新しいアイディアを試す勇気もお忘れなく!tvOSストアは今までとはまた違った楽しさがありますよ。お楽しみに!

apple tv device blog
2015年9月14日 カテゴリ: テクノロジー | 3 分 で読めます
取り上げているトピック