Unity を検索

Unity のセキュリティに関する公開バグ報奨金プログラム

2021年12月7日 カテゴリ: テクノロジー | 2 分 で読めます
Bug Bounty Program
Bug Bounty Program
取り上げているトピック
シェア

本日、Unity 製品のセキュリティ問題を見つけたすべての方の貢献を受け入れる、Unity のバグ報奨金プログラムがオープンになりました。

2016 年以降、Unity はセキュリティ研究者と協力してプライベートなバグ報奨金プログラムを実施し、当社の製品やサービスのセキュリティ態勢を改善しています。このプログラムの一環として、これまでに 40 万ドル以上の報奨金を提供してきました。2021 年 7 月、私たちはプログラムを一般公開し、誰でもバグ報奨金プログラムに参加して、有効なレポートに対して 50 ドルから 3,000 ドルの報奨金を得ることができるようにしました。

このプログラムを公開し、誰でも参加できるようにすることは、Unity の製品やサービスをより安全に開発・利用できる環境を整えることにつながり、すべての人にとってメリットがあることだと考えています。

このプログラムへの参加には、特別なトレーニングや知識は必要ありません。多くの場合、好奇心が、セキュリティに影響を与える可能性のある予期せぬ動作を発見するきっかけとなります。私たちは、ソフトウェアやサービスをさらに改善するために、興味をお持ちの皆さんが私たちと関わり、パートナーとなってくださることを願っています。

この場をお借りして、プライベート版の懸賞金プログラムでご一緒させていただいた素晴らしく優秀なセキュリティ研究者の方々や、最近開始された公開版の懸賞金プログラムにご参加いただいた方々に感謝申し上げます。

プログラムの詳細や参加方法については、Unity BugCrowd ページをご覧ください。

Unity Security に関する情報や、Unity からのすべてのセキュリティに関するアドバイザリはこちらのページでご覧になれます。

2021年12月7日 カテゴリ: テクノロジー | 2 分 で読めます
取り上げているトピック