Unity を検索

MARS header
MARS header
取り上げているトピック
シェア

期間限定で MARS 1.4 ライセンスを 50% オフでご購入いただけます。強化されたシミュレーション UX、メッシュ化、プロジェクト検証機能を最大限に活用し、プラットフォームの設定を自動化することができます。

Unity MARS は、AR 開発者が AR アプリ開発にまつわる多くの課題を克服するのに役立ちます。これには、未知の環境での作業、エディター内でのテストとイテレーション、物理的な世界の動的なコンテンツとインタラクションする AR 体験の作成などが含まれます。この記事では、MARS 1.4 が提供する機能を紹介するとともに、皆様にご利用いただくために開発した主要なコンテンツをご紹介します。さらに期間限定で、バウチャーコード「MARSPROMO」を使って MARS のライセンスを 50% オフでご購入いただけます。詳細はこちらのページをご覧ください。

MARS simulation view

MARS 1.4 の最新情報

MARS 1.4 では、メッシュ化機能、新しいプロジェクト検証ツール、Simulation ビューの刷新など、多くの機能が追加されました。

iOS と HoloLens の両方のデバイスに対応する MARS 1.4 のメッシュ化機能には、物理的な世界とデジタルコンテンツの間でより自然なインタラクションを生み出すことに焦点を当てた、いくつかのユースケースが含まれています。この焦点は次のようになります。

  1. オクルージョンの改良:メッシュ(物理的な環境)そのものは見えませんが、メッシュの背後にあるバーチャルオブジェクトを平面データを使うよりもリアルに隠蔽することで、洗練された AR 体験を実現します。
  2. メッシュ上の物理:これにより、オブジェクトが環境に対してリアルに投影されるようになり、キャラクターのナビゲーションがしやすくなります。

一方、新しいプロジェクト検証ツールは、プラットフォームの設定を自動化し、アプリケーションがあらゆるデバイス上で動作することを保証します。また、Simulation ビューの UX を刷新することで、ワークフローを強化し、設定を簡素化することで、スムーズなインタラクションを実現します。

また、Content Manager には、チュートリアルやテンプレートに加え、シミュレーション環境を組み込むための新しいワークフローが用意されています。これにより、パッケージのサイズとセットアップ時間が削減され、さらにシミュレーション、チュートリアル、サンプルコンテンツをプロジェクトに追加できるようになりました。

MARS の追加の改善点やバグフィックスの詳細については、MARS のドキュメンテーション(英語)をご覧ください。

MARS リソース

MARS が発表されてから 1 年以上が経過し、その仕組みを理解していただくために、裏付けとなるユースケースを交えた様々なコンテンツをご紹介してきました。こちらに注目のコンテンツをまとめましたので、ぜひご覧ください。

Unity MARS を使い始める際の有用なガイド

AR アプリのオーサリングを容易にするための高度な機能やワークフローについては、以下の MARS リソースをご覧ください。

AR アプリは、クリエイティブなゲームから工場の現場でのトレーニングまで、さまざまな目的をもって作られます。Unity MARS のさまざまな目的で使われていることをわかりやすく説明するために、AR ゲームでのユースケース産業用アプリケーションでのユースケースに分けて、オンデマンド動画(英語)を 2 本ご用意しました。

2021年12月2日 カテゴリ: テクノロジー | 8 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿