Unity を検索

Unity Metacast:ボリューメトリック 3D でスポーツの未来を体感しよう。MWC で体験可能。

2022年2月28日 カテゴリ: テクノロジー | 3 分 で読めます
Metacast
Metacast
シェア

グローバルに急成長しているエッジクラウドプロバイダーである Qwilt 社と、ネットワークソリューションの業界リーダーである Cisco 社との革新的なコラボレーションにより、これまで以上に身近な形で、熱心なファンの元にインタラクティブな 3D スポーツ体験が届けられることになるでしょう。

ドラマチックな場面で、自分のお気に入りの選手が最後の数秒で勝利を掴もうとしているとき、皆さんはどこでそれを見たいでしょうか。

バルセロナで開催される Mobile World Congress(MWC、2 月 28 日~ 3 月 3 日)にご参加の方は、ぜひ最新の Unity Metacast のデモを体験し、スポーツ、メディア、エンターテインメントの世界にボリュームメトリック技術という画期的な新しいメディアをどのように導入しているかをご覧ください。 

逆転劇、記録的な試合、超人的なパフォーマンス。スポーツは私たちを夢中にさせ、そのドラマは人々の心に瞬く間に広がっていきます。Unity Metacast を使うと、飛び散る汗が目に見え、興奮が肌で感じられる試合の現場の中に身を置きつつ、自分だけの魔法の瞬間を作り出すことができます。 

私たちと Cisco 社および Qwilt 社とのコラボレーションによる、目的に最適化されたエッジコンテンツ配信プラットフォームによって、このような体験を各家庭に届けることが可能になります。

Unity Metacast とは何か

Unity Metacast はボリューメトリック技術を使って、実際のスポーツイベントを撮影して、3D コンテンツを制作し、出来上がったコンテンツを視聴して交流するプロセスを効率化します。モバイル端末で好きな試合をあらゆる角度から見ることができ、まるで選手に交じったような感覚で、あらゆる動きを見ることができます。

「Unity Metacast の使命は、当初からファンの皆様に大好きなスポーツを身近に感じていただくことでした。Cisco 社および Qwilt 社と共に行う仕事は、その目標に向けた重要なステップとなるでしょう」と Unity Metacast のパートナーシップおよびオペレーション責任者である Tian Pei は述べています。「Unity Metacast はボリューメトリックデータのハイウェイを整備し、大規模なインタラクティブデータセットを、自宅でも外出先でも、ファンの好きなデバイスで閲覧、編集、体験することを可能にします。Unity のリアルタイム 3D 機能と Qwilt 社のコンテンツ配信プラットフォーム、そして Cisco 社のエッジコンピューティングとネットワーキングの専門技術を組み合わせることで、ファンがビデオゲームと同じ仕組みでスポーツ中継を体験できるようになります。」とコメントしています。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

Unity Metacast:スポーツファンのためにイベントを超強化

コンテンツがキャプチャされ、ボリューメトリックデータに変換された時点から魔法が始まります。「パイプラインにあるイベントについては、Unity Metacast Studio と Unity エディターを使えば、ほとんど何でもできます。」と Pei 氏は言います。「スマート分析、アノテーションツール、『ありえない』カメラアングル、ビジュアルエフェクト、動的広告など、何でも。すでに出来上がっているか、今まさに作っている最中ですから」。

The Unity Metacast pipeline: From raw to enhanced streaming
Unity Metacast パイプライン:生放送から強化されたストリーミングまで

準備が整えば、ネットワークやデバイスに関係なく、コンテンツはレンダリングされ、ストリーミングされます。視聴者は、一般的なモバイルデバイスの多くに対応した Unity Metacast に対応したアプリをダウンロードして利用することで、コンテンツをインタラクティブに操作することができます。

AI や機械学習も大きな役割を果たす

ボリューメトリックデータのキャプチャが済んだら、プロデューサーは Unity の機械学習機能を利用してデータを解析し、プレイヤーの認識、ポーズの推定、さまざまなカメラの最適な配置の決定が可能になります。視聴者としても、ファンがディレクターになり、「ありえない」カメラアングルを含めてあらゆる位置から映像を見ることが可能になります。また、スマートデータを重ね合わせて見たり、お気に入りの選手のシューズなどのグッズを購入することも、すべてアプリから直接できるようになります。

Scene Understanding
Unity の AI と機械学習が、Unity Metacast のイベントを強化する

Cisco + Qwilt:従来の CDN とは一味違う

ボリューメトリックコンテンツを配信するには、どこでも毎秒数十から数百メガビットのビットレートで持続的に処理する必要があるため、非常に広い帯域幅と低遅延が要求されます。これを大規模に行うには、目的に応じたデータ配信とデータ量削減の機能が必要です。

Qwilt 社と提携して作られた Cisco Edge Cloud for Content Delivery は、通信サービスプロバイダー(CSP)のネットワーク内部で、視聴者にできるだけ近い場所に配置されます。これにより、あらゆるプラットフォームにおいて、最もスケーラブルな帯域幅と最も低い遅延を確保することができます。

Cisco 社のマススケールインフラストラクチャグループの VP 兼ビジネス開発責任者である Theodore Tzevelekis 氏は、次のように述べています。「魅力的なボリューメトリックなメディアコンテンツを作成する Unity の能力と Qwilt のストリーミングコンテンツ配信の先駆者としての専門知識、および Cisco のネットワーキングにおけるリーダーシップを組み合わせることにより、このソリューションは視聴者に最高の没入型体験を届ける土台となることでしょう」。

Unity Metacast を体験して、開発チームに会おう

バルセロナで開催される Mobile World Congress に参加される方は、ぜひ、Cisco エリアで Unity Metacast チームをご訪問ください。軽く挨拶を交わしたらインタラクティブなスポーツ観戦のデモを試し、私たちのソリューションがどのような仕組みになっているかをご覧ください。

ご興味を持たれた方へ

Unity Metacast のページをご覧いただき、メーリングリストにご登録ください。最新のニュースをお届けします。

2022年2月28日 カテゴリ: テクノロジー | 3 分 で読めます