Unity を検索

近日予定されている Unity Pro および Unity Enterprise プランの新価格設定について

2022年9月13日 カテゴリ: ニュース | 6 分 で読めます
Unity, branded image with logo
Unity, branded image with logo
取り上げているトピック
シェア

10 月 13 日より、Unity Pro、Unity Enterprise、Unity Industrial Collection などの価格改定および、昨今の為替市場の状況を鑑み、一部の製品に対して、円安に伴う為替レート変更も合わせて実施いたします。為替レートは昨今のマーケットレート(140 円台)ではなく、1 ドル=120 円としております。なお、今回は約 3 年ぶりの価格改定となります。今回の変更は Unity Personal の価格設定には影響しません。

1 シートあたりのサブスクリプション価格が下記の通り改定されます。

(※税込価格での記載に変更いたしました。)

  • Unity Pro 年間プラン(年払い)は ¥267,960/年(税込)、年間プラン(月払い)は ¥24,420/月(税込) 
  • Unity Enterprise 年間プラン(年払い)は ¥396,000/年(税込)
  • Unity Industrial Collection(UIC) 年間プラン(年払い)は ¥389,400/年(税込) 

新価格は、Unity Pro、Unity Enterprise、UIC、その他の製品に対して、2022 年 10 月 13 日から適用されます。ウェブサイト経由でご契約いただいているお客様はこの日付の前から、アカウントにログインしてよりお得な年間プランの更新またはお切り替えを行っていただくことが可能です。アカウントマネージャーがついているお客様は、担当のアカウントマネージャーに直接ご連絡いただき、カスタムの契約に基づいたオプションについてご相談ください。詳細につきましては、以下の FAQ にてご確認ください。

他にご質問がある方は、Unity サポートにご連絡いただくか、アカウントマネージャーまでご相談ください。

よくある質問と回答(FAQ)

この新価格の影響を受けるのはどのようなユーザーですか。

今回の価格改定は Unity Pro、Unity Enterprise、Unity Industrial Collection(UIC)の月額プランおよび年間プランのサブスクリプションをお使いになる新規および既存のお客様に適用されます。

この新価格はいつから適用されますか。

Unity Pro、Unity Enterprise、UIC を新規にお使いになるお客様については、日本時間 2022 年 10 月 13 日午後 10 時から適用されます。

Unity Pro、Unity Enterprise、UIC をすでにお使いになっているお客様については、新価格は 2022 年 10 月 13 日から適用されます。オンラインのお客様はこの日付の前から、アカウントにログインしてよりお得な年間プランの更新またはお切り替えを行っていただくことが可能です。アカウントマネージャーがついているお客様は、担当のアカウントマネージャーに直接ご連絡いただき、カスタムの契約に基づいたオプションについてご相談ください。

この価格改定の影響を受けるプランはどれですか。

今回の価格変更は、価格改定、及び為替レート変更により、Unity Pro、Unity Enterprise、UIC、およびこれらのプランを含むバンドルと、Unity Plus、Starter Success、Build License、Pro Build Server、Enterprise Build Server、Pixyz Studio に適用されます。

Unity Personal は今回の価格改定の影響を受けません

年間プラン(年払い)については、Unity Pro は 1 シートあたり ¥267,960/年(税込)、Unity Enterprise は 1 シートあたり ¥396,000/年(税込)、UIC は 1 シートあたり ¥389,400/年(税込)となります。この他、月払いをご選択いただけるプランもございます。

1 シートあたりの価格(税込)

Unity のプラン

現在のカタログ価格(税込)

2022 年 10 月 13 日からの新価格(税込)

Unity Pro(年間プラン/年払い)

¥217,800/年

¥267,960/年

Unity Pro(年間プラン/月払い)

¥18,150/月

¥24,420/月

Unity Pro Build Server

¥79,200/年

¥89,760/年

Unity Enterprise Build Server

¥52,800/年

¥66,000/年

Unity Enterprise

¥290,400/年

¥396,000/年

Unity Enterprise for Media & Entertainment

¥290,400/年

¥359,040/年

Unity Industrial Collection

¥332,640/年

¥389,400/年

Unity Industrial Collection(フローティング)

¥498,960/年

¥584,100/年

Unity Industrial Collection および Forma (フローティング)

¥1,354,320/年

¥1,439,460/年

Unity Plus(年間プラン/年払い)

¥48,394/年

¥52,668/年

Unity Plus(年間プラン/月払い)

¥4,840/月

¥5,280/月

Pixyz Studio

¥218,900/年

¥277,200/年

詳細につきましては、拡大版の FAQ にてご確認ください。

この他に、プランに対する変更はありますか。

以下の変更が 2022 年 10 月 13 日から適用されます。詳細につきましては、拡大版の FAQ にてご確認ください。

Unity Pro - 新規でプランにお申込み、またはすでにプランをお使いのお客様について、今秋の Unity 2022.2 のリリースに伴い、Unity Mars と Havok Physics for Unity がプランに追加されます。

Unity Enterprise - 新規でお申込み、およびすでにプランをお使いのお客様について、長期サポート(LTS)を1 年延長いたします(合計 3 年。Unity 2021 LTS 以降が対象)。

Unity Enterprise を新規でご利用、または Unity Pro から Unity Enterprise にアップグレードされるお客様には、ソースコードへの読み取り専用アクセスが提供されます。すでに Unity Enterprise をお使いのお客様で、契約が 2022 年 10 月 13 日以降に期限切れとなる方については、契約更新時およびリクエストベースでソースコードへの読み取り専用アクセスが提供されます。Enterprise プランでは、以下のサポートが新たに提供されます。

  • 1 ~ 19 シートご契約のアカウントについて、Unity エンジニアからの問題解決の支援を受けられるテクニカルサポートパッケージ、Starter Success をご提供します。
  • 20 シート以上ご契約のアカウントについて、Unity のパートナーリレーションマネージャーが皆さんのプロジェクトを加速させる戦略や提案をご提供します。
  • 100 シート以上ご契約のお客様には、追加費用なしでバグハンドリングおよび LTS へのバックポーティングをご提供します。

このプランにも今秋の Unity 2022.2 のリリースに伴い、Unity Mars と Havok Physics for Unity が追加されます。

Unity Industrial Collection - Starter Success は、Unity エンジニアからの問題解決の支援を受けられるエントリレベルのテクニカルサポートパッケージです。プランを新規でお申込み、または Unity Pro から UIC へアップグレードされるお客様には、Starter Success をご提供します。すでに UIC をお使いのお客様について、2022 年 10 月 13 日以降に契約が期限切れになる方には、契約更新の際に Starter Success をご提供します。

このプランにも今秋の Unity 2022.2 のリリースに伴い、Unity Mars と Havok Physics for Unity が追加されます。

すべての Unity サブスクリプションプランについて、2022 年 10 月 13 日から適用となる更新版の利用規約を作成しています。この更新により、さらに合理的で、お客様にとって使いやすい規約となります。内容はこちらでご確認ください。

なぜ私の使っている Unity プランの価格が改定されるのですか。

今回の新価格は現在の私たちのプロダクトの価値を反映したものです。今回の値上げは、直近のおよそ 3 年間で初めて行われるものとなります。

その間、私たちは R&D のリソースを 172% 拡大し、Unity エディターを Unity における R&D の最大の注力ポイントとしてきました。この継続的な投資により、Unity 2021 LTS において、ワークフロー、レンダリング能力、およびサポートされるプラットフォームに関して大幅な改良を行うことができました。

引き続き、皆様からのフィードバックをベースに改良を重ね、リリースごとに生産性、パフォーマンス、安定性を向上させるよう努めてまいります。

無料の Unity Personal プランに何か影響がありますか。

Unity Personal は引き続き、前年の収益または調達(外部からの調達、自己調達の別を問わず)の金額が 10 万米ドル未満のクリエイターの皆様に無料でお使いいただけます。私たちは引き続き、Unity が何百万人もの学生、ホビイスト、およびゲーム開発のジャーニーを始めたばかりのインディー開発者の皆様にお使いいただけることを保障いたします。

上記の他にも質問があります。

ご自身の質問への回答が見つかりませんでしたか?Unity Pro、Unity Enterprise、Unity Industrial Collection、Unity Mars、Havok Physics for Unity の詳細情報や、今回の変更が皆様がそれぞれお使いのお支払いプランにどのように影響するのかについては、拡大版の FAQ でご確認ください。

2022年9月13日 カテゴリ: ニュース | 6 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿