Unity を検索

大学が次世代の自動車デザイナーにリアルタイム 3D を教える理由

2021年5月7日 カテゴリ: 製造業 | 7 分 で読めます
Four by four, jeep type vehicle created in Unity on top of a rocky desert.
Four by four, jeep type vehicle created in Unity on top of a rocky desert.
シェア

ミシガン州デトロイトにあるカレッジフォークリエーティブスタディーズ(College for Creative Studies; CCS)は、110 年以上にわたってイノベーションの最前線に立ってきました。私たちはアートとデザインの分野で高い評価を受ける同校と提携して、中等教育を終えた学生に自動車業界のリアルタイムスキルをよりよく身に付けてもらうための一連の実践的なコースを作成しました。

私たち Unity は、より多くのクリエイターがいれば、世界はもっと良い場所になるはずだと信じています。これが、CCS と提携して、学生に刺激を与え、絶えず変化する業界に参入するために必要なスキルを確実に身に付けられるような教育を提供する理由です。先進的なデザイン教育機関である CCS は自動車の OEM 供給元と提携して、カリキュラムの一部として自動車の新しいアイデアを開発するプロジェクトに学生たちを取り組ませています。この学校を卒業した学生たちは、世界を代表する自動車メーカー、デザイン会社、Unity のようなテクノロジー企業などで活躍しています。

Unity のアカデミック・非営利団体向けソリューション部門の責任者である Anuja Dharkar は、最近、CCS の Transportation Design(車両デザイン)プログラムのコチェアマンである Paul Snyder 氏と、Entertainment Arts(エンターテイメントアート)プログラムの准教授である David Gazdowicz 氏と対談し、CCS、自動車デザインの未来、および大学で Unity を使った教育が行われる理由について語り合いました。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

実社会へ出るための準備

OEM 業界ではここ数年、そのワークフロー全体でリアルタイム 3D を活用するようになってきました。ボルボホンダトヨタレクサスBMW などの大手メーカーは、Unity をさまざまな方法で使用して大きな成功を収めています。これから業界に参入する新しい世代の自動車デザイナーたちは新しい考え方を持ち込み、また Unity のようなリアルタイムツールの使い方も心得ており、業界の中で抜きんでた存在となっています。

CCS は Unity と提携して以来、車両デザインおよびエンターテイメントアートの両プログラムに所属する学生に対して、半期かけて取り組むプロジェクト「Vehicles of the Future」を提供してきました。このプロジェクトで学生たちは独創的なアイデアを深く掘り下げ、リアルタイム 3D を使って未来志向の思考をする機会を与えられます。学生は 5 つのチームに分かれて 15 週間のコースに取り組みます。各チームは車両の内装・外装に取り組む自動車デザインを学ぶ学生と、近未来的な環境の中にどのように車を置くかを考えるエンターテイメントアートデザインを学ぶ学生で構成されます。

「非常に難しいプロジェクトですが、同時に想像力をかきたてるプロジェクトでもあります。プロジェクトが展開していき、学生に『未来はどうなるのか、人々はどうなるのか、そこでどんな車が必要になるのか』と問う段階まで進むと、学生たちは自身の想像力を限界まで働かせるようになります。」Snyder 氏はこのように語ります。

A 'dreamscape' filled with cars, bright colours, panda balloons and huge umbrellas
Dreamscape – 夢は完璧な喜びを表す状態。人は夢を見るとき、自分自身の欲望を描き出す。現実のような幻想的な世界。「Dreamscape」は、2030 年の世界で夢を見る人たちが、かつて抱いた欲望を満たすためにデザインした 2 人乗りのスポーツカー。内装デザイン:Chris Lisle、外装デザイン:Davis Kunselman、環境デザイン:Sarah Kosco、Marissa Borowski
A car design (made in Unity) from 2030
Break from digital – 2030 年の世界はすさまじく自動化され、単調さが支配する世界。人々は情報の海に溺れている。現実はますますデジタル化し、刹那的なライフスタイルがより求められるようになっている。こんな世界から逃れて、生々しい自然に触れ、独自の道を拓きたいという新しい欲求が渦巻いている。内装デザイン:Jyasi Myrthil、Evan Aud、外装デザイン:Alexandra Nowickiki、MinbioYoo、環境デザイン:Jacob Deremer、Selena Delsorbo

未来志向のデザイン

学生たちは、文化や環境について研究し、何度も考えたくなるような面白いトピックを見つけ出すことを奨励されました。これはデザインの基本原則にも通じることです。教職員や Unity スタッフからのフィードバックを受けつつ何度も修正を重ねる中で、学生たちは車両デザインを洗練させて機能向上を図ったり、車載体験などの組み込みテクノロジーの提案を行ったり、その他、デザイン全体に対する創意工夫をどんどん行っていきました。この反復プロセスは、Snyder 氏や彼の CCS の同僚が、学生の教育の基礎をなすものと考えているものです。

A utility/four by four type vehicle created in Unity
Boulder – 贅沢が現実逃避の手段となっていく世界で、「Boulder」は実用性と快適性を上手く取り合わせたデザインを提案する。自律運転で走る「レンガ」が都市を埋め尽くす中、自ら車を動かす贅沢を望む人は、単調なルーチンを破る乗り物を必要とする。車両 1  – 内装デザイン:Christopher Duff、外装デザイン:Ryan Schlottahuer。車両 2 – 内装デザイン:Carlos Birrueta、外装デザイン:Hyunju Wi、環境デザイン:Thomas Hamilton、Blair Totzke
A mid-size suv/truck and a compact sports car that is on a trailer
Work-life balance vehicle – このチームは普段の仕事に使う中型 SUV 兼トラックと、余暇で使うコンパクトスポーツカーが欲しいイギリスの資材・建設請負業者をペルソナに設定した。このチームは、ターゲットユーザーの相異なるニーズにそれぞれ対応した 2 種類の車をデザインする方針を取った。デザイン:Richard Chen、Tyler Kwon、Tianze Yu、Lukas Chesla、James Cannizzaro、Brendan Roarty

Gazdowicz 氏は、エンターテイメントアートを学ぶ学生がスケッチなど従来の方法で行われていたのと同様のプロセスを 3D モデリングで行うことに好意的な意見を表しています。

「Unity を使用することの素晴らしい点は、学生が(3D モデリングの)プロセスにすばやく到達し、より早くアイデアを出すことができるようになることです。そのため、ソフトウェアやゲームエンジンを使い込み、その中で再構築、設計、開発ができるようになればなるほど、最終的な成果物を確認できるようになるまでの時間も短縮されます。そして、学生はアイデア出しのプロセスの全体を見直し、何かピンとくるものはあるか、アイデアが得たい結果に照らしてつながるものであるかを確認することができます。」と Gazdowicz 氏は語ります。

A small vehicle that is designed for remote work. Vehicle has the ability to lie down in.
Excursion! – パンデミック下では、いろいろな流行が生まれてくる。リモートワークもそうした流行の 1 つだ。テクノロジーにより、バーチャル空間での会議や共同作業もできるようになった。リモートワークもまた、勤務時間の柔軟化や通勤時間の節約に一役買っている。しかし、人々はワークライフバランスの欠如を経験するかもしれない。孤独さ、つながり続けなければならないこと、モチベーションの衰えといった問題に行き当たり、休暇を取ることにすら問題を感じるようになるかもしれない。車両 1 - 内装デザイン:Austin Miller、外装デザイン:Ben Ly。車両 2 - 内装デザイン:David Hong、外装デザイン:Jason Dominguez

先に述べた反復的なプロセスに加えて、Snyder 氏は学生がこうしたスキルを身に付けることが、実社会で成功するためのとても良い準備になっていると言います。「自動車業界は、それとは知らずに数年前から COVID-19 に対応する準備をしていたのです。そしてパンデミックが始まった後は、表面評価、テーマ評価、またはリアルタイムのバーチャルリアリティによるプレゼンテーションといった目的で、デジタルおよびリアルタイム 3D への切り替えが行われたのですが、そこにほぼ障害はありませんでした。」と Snyder 氏は言います。

Unity と CCS は現在、車載ヒューマンマシンインターフェイス(HMI)のコンセプト開発に学生を参加させる新しいプロジェクトにおいて連携しています。このプロジェクトはリアルタイム 3D を使用して、未来の世界について考えることやコラボレーションを促進することに焦点を当てています。

***

CCS の詳細や、学生たちに需要の高い仕事に就くための準備をしてもらう方法についてご確認ください。

2021年5月7日 カテゴリ: 製造業 | 7 分 で読めます
関連する投稿