Unity を検索

Metaverse Minute:Auggie Awards 版

2022年5月26日 カテゴリ: 製造業 | 9 分 で読めます
Banner for Auggie Awards with 3 white rings and 1 person in image
Banner for Auggie Awards with 3 white rings and 1 person in image
取り上げているトピック
シェア

私たちは毎年、AWE(世界最大級の XR カンファレンス)の権威ある Auggie Awards のファイナリストに誰が選出されるかに注目しています。2022 年はメタバースの構築に貢献するさまざまな Unity アプリケーションが選ばれました。AR/VR 業界からノミネートされたこれらの製品やソリューションは、一般投票により選ばれ、専門家によるパネル審査が行われます。受賞者は 6 月 2 日、AWE USA 2022 にて発表される予定です。

さっそくエキサイティングな作品のリストを見ていきたいところですが、その前に、Unity を使っている Auggie Awards のファイナリストがこのリストから漏れている可能性があることをお伝えしておきたいと思います。もしご自分がリストから漏れていることに気づいた場合は、ご一報いただけますと助かります(ご連絡方法はこの記事の最後で案内しています)。それでは、ファイナリストの紹介です。

Big Rock Creative

Banner promotion of virtual reality experiences

最優秀アート・映像部門 - BRCvr: Burning Man (VR Experience) 最優秀ソーシャルインパクト部門 - Breonna's Garden Virtual Reality Experience

 

Big Rock Creative 社は、昨年、Auggie Awards にノミネートされた、公式のバーチャル『Burning Man』体験である『BRCvr』で注目を集めました。今年の Big Rock Creative 社は、昨年拡張現実(AR)アプリでソーシャルインパクト部門で Auggie Awards を受賞した Lady Phoenix と共同制作した Breonna Taylor 氏への感動的な VR トリビュート作品『Breonna's Garden Immersive Experience』で私たちの注目を集めました。神聖な場所を描いたこの作品は、Breonna Taylor 氏の人生を称え、悲しみと希望と癒しの物語を語るものです。さらに、今年帰ってきた Big Rock の『Burning Man (VR Experience)』に私たちは驚かされました。200 のユニークな世界と 3500 時間以上のプログラムを持つこの体験は、パンデミックの中でも Burner(『Burning Man』の文化やコミュニティを楽しむ仲間同士を親しみを込めてこう呼ぶ)のコミュニティをつなぎたいという思いで運営されていました。

今年、1 つだけでなく 2 つのプロジェクトが Auggie Awards にノミネートされたことに感激しています。Big Rock Creative は、さまざまな分野のクリエイターが集まり、すべてのプロジェクトでコラボレーションを行っています。1 人ではなく、壮大な共同作業で、根本から包摂的な参加型体験を実現するのです。

- Athena Demos 氏(Big Rock Creative 社 CEO 兼共同創業者)

 

Groove Jones

Promotional art for award

最優秀コンシューマー向けアプリ部門 - National Aviation Education Center (NAEC) World War II Nose Art AR App

最優秀ヘルスケア & ウェルネスソリューション部門 - VIST Neuro-ID

 

Groove Jones 社のチームは、Unity を使って、多様な体験を生み出しています。最優秀コンシューマー向けアプリ部門にノミネートされた NAEC の Nose Art Gallery App は、National Aviation Education Center の訪問者に、第二次世界大戦の飛行機で空を飛んだり、飛行機のノーズアートを間近で見たりする体験をしてもらえるアプリです。最優秀ヘルスケア & ウェルネスソリューション部門にノミネートされた VIST Neuro-ID は、VR ヘッドセットを使って認知能力をテストし、脳震盪を検出するものです。非常に多様な目的に合わせて設計された製品を見ると、Groove Jones 社には明らかに多くの人の役に立つ知恵があると思わされます。

Groove Jones は、リアルタイムレンダー 3D のパワーを活用して、クライアントが社内トレーニングのためのエキサイティングなプログラム、顧客とつながるためのインタラクティブなマーケティング活動、健康やウェルネスのための革新的なソリューションなどを実現する手助けをします。Unity Pro は、垣根を越えて、想像しうるあらゆるスクリーンで開発することを可能にするプラットフォームです。

- Dan Ferguson 氏(Groove Jones 社共同創設者)

 

Magnopus

Promotional art for Magnopus event

最優秀ロケーションベースエンターテインメント部門および最優秀コンシューマー向けアプリ部門 - Expo Dubai Xplorer

Magnopus 社のチームは今年初め、本当の意味でデジタルと物理の世界を 1 つにするExpo Dubai Xplorer を発表しました。このリアルタイムなコネクティッド体験により、何百万人もの来場者が現実の場所に合わせた拡張現実(AR)による眺望を楽しみ、またリモート来場者も自宅から同じ AR コンテンツにアクセスすることができました。

Expo Dubai Xplorer は、未来では、物理的な世界とデジタルな世界を超えて人と場所が一体となるための、より優れた新しい方法が実現するだろうということを示した素晴らしい例です。このプロジェクトは、私たちにとってクリエイティブとテクノロジーの力を発揮する大きなチャンスであり、その過程で多くのことを学びました。現在では、他の企業が同じような大規模な体験を制作しようという時に、制作を進めるための技術をまた開発する必要がないように、学んだことを活かして支援を行っています。

- Daisy Leak 氏(Magnopus 社エグゼクティブプロデューサー)

 

Octagon Studios

Volograms

最優秀コンシューマー向けアプリ部門 - Humanoid AR+

人体に無数にある複雑なシステムがどのように組み合わさって働くかを 2 次元の静止画で説明するのは、太陽系を説明するために夕日を描くようなものです。Unity を使用して、Octagon Studios 社は、探索を通じて人体の解剖学を細かいところまで理解できるインタラクティブな AR アプリ Humanoid AR+ を制作しました。その教育上の可能性は計り知れません。

Humanoid AR+ は、子供や若い世代に人体構造を詳細に、そして間近に見て没入感を味わってもらうことを目的としています。高品質の 3D ビジュアライゼーションと Unity のような強力な開発者向けツールを活用し、最高のインタラクティブな教育アプリを提供することに尽力しています。

- Chitra Ananda 氏(Octagon Studio 社 CMO)

 

Octagon Studios

Promotional art for 3D Humanoid app

最優秀コンシューマー向けアプリ部門 - Humanoid AR+

人体に無数にある複雑なシステムがどのように組み合わさって働くかを 2 次元の静止画で説明するのは、太陽系を説明するために夕日を描くようなものです。Unity を使用して、Octagon Studios 社は、探索を通じて人体の解剖学を細かいところまで理解できるインタラクティブな AR アプリ Humanoid AR+ を制作しました。その教育上の可能性は計り知れません。

Humanoid AR+ は、子供や若い世代に人体構造を詳細に、そして間近に見て没入感を味わってもらうことを目的としています。高品質の 3D ビジュアライゼーションと Unity のような強力な開発者向けツールを活用し、最高のインタラクティブな教育アプリを提供することに尽力しています。

- Chitra Ananda 氏(Octagon Studio 社 CMO)

 

Anything World

Promotional art for Anything World

最優秀開発者向けツール部門 - Anything World

ある物について話せば、それが実現できると想像してみてください。それが、Anything World の背景にある考え方です。これは、AI、ボイスコンピューティング、3D レンダリングを搭載し、誰にでも素早く簡単に 3D 体験の制作ができるようにするツールです。この種の才能は、その製品だけでなく、世界中のクリエイターに影響を与えている点でも、評価に値します。つまるところ、クリエイターの数が増えれば世界はもっと素晴らしい場所になるのです。

「機械学習を利用して 3D の世界に生命を吹き込み、現在 5,000 人以上のクリエイターが Unity でワイルドな体験を作り上げています。モデリングやリギング、アニメーション作成を一切せずに、生きた世界を作ることができるのです。私たちには、まったく不可能と思われていたことを可能にする素晴らしいチームがついています。そして、私たちの歩みはまだ始まったばかりです。anything.world に飛び込んで、ものづくりをやってみませんか。

- Gordon Midwood 氏(Anything World 社共同創設者)

 

Immerse

Immerse promo

最優秀開発者向けツール部門 - Immerse SDK:エンタープライズ XR 開発者向けの無償 SDK

VR の産業応用には大きなチャンスがあります。Immerse 社のチームは、SDK を提供することで、こうした体験を簡単に作成できるようにしています。Unity をベースとした無償のエクステンデッドリアリティ(XR)ツールで、誰でもエンタープライズ品質の VR を作成することができます。このツールは、デスクトップおよびスタンドアロン型 VR、Android モバイル、デスクトップアプリケーション、WebGL にも対応しています。

Unity 用として開発された Immerse SDK は、測定可能でスケーラブルな VR アプリケーションの構築、ホスティング、配布においてよく発生する技術的課題や生産上の課題を簡素化・解決することで、開発者が迅速にプロジェクトを立ち上げ、進められるよう支援します。この SDK は、Immerse Platform とともに、バーチャルリアリティの可能性を最大限に実現し、企業が独自のアプリケーションやコンテンツを容易にスケールさせるための手段を提供します。また、コンテンツ制作者にとっては、既存顧客へのアップセルパスや、リファラルでの見込み顧客の獲得というメリットもあります。

- Justin Parry 氏(Immerse 社 COO)

 

Schell Games

Promotional art for award

最優秀ゲーム・玩具部門 - I Expect You To Die 2: The Spy and the Liar

大ヒットを飛ばした『I Expect You To Die』の続編は、オリジナルと同じくらい楽しく仕上がっています。『I Expect You To Die 2: The Spy and the Liar』は、前作の楽しさをベースに、新しいパズルやミッション、そしてもちろんより多くのやられ方が盛り込まれた作品となっています。Schell Games 社は、VR ゲームを推しているスタジオの 1 つとして注目されています。

I Expect You To Die 2: The Spy and the Liar』が、2022 年の Auggie Awards の最優秀ゲーム・玩具部門のファイナリストに選ばれたことを非常に光栄に思います。オリジナルと続編を手掛けた開発チームに賞賛の言葉を送ります。皆さんの努力のおかげで、プレイヤーを陰謀とスパイ活動の中に放り込む VR 体験を作り上げることができました。また、一般投票で私たちの作品に投票してくださった皆様、そして長年にわたって「The Agency」を支えてくださったシークレットエージェントの皆様に感謝いたします。ここまで来れたのは、皆さんの熱意と愛情があったからこそです。エージェントの皆さん、これからも気を抜かないでください。

- Charlie Amis 氏(Schell Games 社『I Expect You To Die 2』プロジェクトディレクター)

 

Resolution Games

Promotional art for award

最優秀ゲーム・玩具部門 - Blaston:Passthrough API による、バーチャルリアリティから複合現実への進化

『Blaston』チームが Passthrough API で実現したことは、現実世界とバーチャル世界を混在させたときに何が可能になるかを示す完璧な例と言えるでしょう。この API を使うことで、プレイヤーは自分のパーソナルな空間を決闘場に変えることができるようになったのです。XR 技術の進歩に伴い、より多くのゲーム体験がデジタルコンテンツで現実世界を豊かにすることになるでしょう。 

『Blaston』に追加した複合現実による闘技場は、ほんの始まりに過ぎません。Resolution Games では、次世代 AR デバイス向けの現実を覆すような体験を作り続けるために、AR 専門の部門に投資しています。

Unity は、当社の VR と AR のツールキットの重要な構成部品です。その柔軟性のおかげで、ゲーム分野で幅広いエキサイティングな新製品を生み出し、いち早く市場に投入するのに必要な余裕が生まれました。そして『Blaston』はそれを披露する絶好の場です。Passthrough API を使って Quest ストアに体験を提供した最初のゲームデベロッパーになる推進力となっただけでなく、マルチプラットフォームをサポートしていることが XR コミュニティのもう 1 つの課題の解決にもつながりました。最近の PC 版 Blaston Spectator アプリのリリースによって、インフルエンサーや e スポーツの主催者に VR ゲームプレイを放送に最適な方法でストリームする力をもたらしたのです。

- Paul Brady 氏(Resolution Games 社長兼共同創設者)

Petricore

Promotional art for award

最優秀ゲーム・玩具部門:Petricore AR Experiments

Petricore AR Experiments アプリに収められている実験は、1 つや 2 つでなく、そのすべてが Unity の AR Foundation を使って制作されています。家族写真を撮ったり、バーチャルの犬をなでたり、現実世界から取ってきた絵の具の色を混ぜたりと、気まぐれなアクティビティが集められています。このさまざまな要素を含むアプリは、さながら AR の祭典です。

AR ペイントバケツゲームは、プレイヤーが AR のペイントバケツを置き、現実世界から色を取り出して混ぜ合わせ、指定された目標の色を作り出していくという、私たちの実験的な作品の 1 つです。この作品は、TikTok のトレンドにあった「絵の具を混ぜてできる色を当てる」という動画から着想を得ました。このペイントバケツゲームの開発には Unity を使い、AR Foundation に大きく依存しています。AR Foundation と Unity のおかげで、楽しい作品をすぐに作ることができました。それが今回の実験での目標でした。

- Oliver Awat 氏(Petricore 社リードデザイナー兼シニアデベロッパー)

Kinemotik Studios

Promotional art for award

最優秀インディークリエイター部門 - Audio Trip

フィットネスは退屈なものではありません。『Audio Trip』を使って、プレイヤーは 84 の異なるステージで踊り、フィットネスへの内なる情熱を解き放つことができます。この視覚・聴覚による体験は非常に楽しく、カロリーを頑張って燃やしていることを忘れてしまうほどです。それに、私たちはインディーズが大好きです。

Auggie Awards の「最優秀インディークリエーター部門」のファイナリストになれたことは、私たち Kinemotik Studios にとって大変な名誉です。『Audio Trip』は、この 4 年間、私たち 2 人が愛情を込めてやってきた仕事です。そしてその間、私たちはさまざまなプラットフォームで、VR を通じて音楽やダンスの楽しさを世界中に伝える機会に恵まれました。エンジニアが 1 人しかいない、2 人だけのとても小さなチームが、これだけ多くのプラットフォームに移植し、サポートを行いながらゲームを開発することは、Unity なしでは不可能だったでしょう。Unity のおかげで、『Audio Trip』をより多くの人に楽しんでもらうことができました。たった 2 人のチームで普通はできないようなことをやってのけることができました。

– 『Audio Trip』チーム

 

自分の Unity 作品が紹介されていないという方へ

もしご自分の Unity を使った作品が Auggie Awards のファイナリストに選出されていたという方がいらっしゃいましたら、ぜひ Twitter でお知らせください。追加でご紹介させていただきます。@DigitalTwin 宛てに、簡単な説明とご自身の作品のファイナリストページへのリンクを添えてお送りください。

今年の Auggie Awards のファイナリストに選出された作品群は、それが Unity 製であるか否かに関わらず、すべてが私たちを驚かせ、感動を与えてくれるものでした。私たちの世界は今、多くの問題に直面しており、その解決にはクリエイターが必要です。作り続けましょう。そして、AWE でお会いしましょう。

AWE 2022 における Unity 関連の講演予定(時刻はすべて開催地のもの(アメリカ太平洋夏時間))

2022年5月26日 カテゴリ: 製造業 | 9 分 で読めます
取り上げているトピック