Unity を検索

Metaverse Minute:今すぐ乗るべき販売とマーケティングの 4 つのトレンド

2022年9月30日 カテゴリ: 製造業 | 7 分 で読めます
Metaverse Minute: 4 sales and marketing trends you can jump on now | September | Hero image
Metaverse Minute: 4 sales and marketing trends you can jump on now | September | Hero image
取り上げているトピック
シェア

コミュニケーションが進化するたびに、マーケティングやセールスの戦術も変化してきました。印刷媒体の台頭によって印刷広告が生まれ、ラジオが普及したことでラジオ広告が生まれました。この流れはテレビ、ポッドキャストなどにも受け継がれています。この流れはメタバースにとって、どのような意味を持つのでしょうか。没入的で、インタラクティブで、カスタマイズ性があるということに注目しましょう。今回の Metaverse Minute では、マーケティングやセールス手法の未来を占う手段となり得る Unity の応用例をご紹介します。私たちが皆さんを納得させられるか、皆さんご自身でお確かめください。

トレンド 1:高級品や旅行に関する体験型ピッチ

顧客に買ってもらうための障壁は価格が高くなればなるほど高くなります。つまり、高価な商品は売れにくいのです。そのため、体験型のメタバース技術は、高級品や旅行を販売するのに役立つと考えられます。

Seymourpowell 社

Metaverse Minute: 4 sales and marketing trends you can jump on now | September | Hero image

45 万ドルの製品には、それに相応しい良いピッチがなされるべきだ。Virgin Galactic 社が世界初の商業用宇宙船の設計をグローバルなイノベーション企業である Seymourpowell 社に依頼した理由のひとつがこれです。

宇宙船の設計と開発はパンデミックのさなかに行われたため、バーチャルリアリティはプロジェクトにとって非常に重要でした。宇宙船の試作と生産を予定通りに進めるため、客室のデジタルツインを作成しました。 

デジタルツインの活用はこれだけでは終わりませんでした。Virgin Galactic 社がマーケティングキャンペーンの準備を始めたとき、席を売るための最良の方法は、実際に席に座ってもらうことだと気づいたのです。Seymourpowell 社のチームは、デジタルツインを体験に変換しました。そして、この販売戦術は期待を裏切らないものでした。

Visionaries 777 社

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

車は一般的に何台も買うものではありませんし、一度購入したら買い替えるまで長く使うものです。そのため、自動車メーカーにとって、顧客との個人的なつながりを築くことは優先事項となっています。Visionaries 777 社は、まさにそれを実現する体験を INFINITI ブランドに提供したのです。

顧客は iPad のステーション端末で、パーソナリティに関する質問に答え、写真ベースのアバターを作成するところからスタートします。設定を行った後、アバターは自分のパーソナリティに最も合った車の横に配置されます。ユーザーは、360 度カメラで未来の車に乗った自分をイメージし、セルフィーを撮ります。

トレンド 2:現実空間のためのバーチャルデザイン

子供の頃、「夢の家」を想像したことがあるでしょうか。空間をイメージしてみるのが楽しかったのを覚えていますか。

しかし、大人になってからキッチンのキャビネットや家具を注文するのは、すごく面倒な手続きです。正しい寸法を測り、物理的な境界に気を遣って作業していると、楽しく想像を膨らませるゲームだと思っていたものが急に現実の作業になってしまいます。

バーチャル技術は、家のオーナーになって無限の創造性を発揮していた子供の頃の体験をもう一度取り戻させてくれる可能性を秘めています。だからこそ、私たちは Volumiq と VOXBOX が実現していることが大好きなのです。

Volumiq

子供の頃に描いていた「夢の家」のプランをもう一度作り、それを色や質感が乗った 3D の設計図に変換できたら。Utopiq 社は、これを可能にするための開発をしています。このチームは家屋のリノベーションを単純化し、買い物リストを見て注文を決め、3D でビジュアライズして、注文するというプロセスに落とし込みたいと考えています。

VOXBOX

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

VOX ブランドは、営業チームがショールームで使っている製品向けの独自のソリューションを構築しました。それは、顧客が自宅を店舗に持ち込むというものです。これにより、デザインの決定や製品のおすすめがより容易になり、製品を購入してもらうための説得力のある理由が生まれます。

トレンド 3:ゲーミフィケーションされたマーケティング

ゲームは、ブランドがロイヤリティを構築する上で、従来の物とは異なる、そして時にはより説得力のある方法を提供します。ゲームは静的なものではなく、マーケターが顧客と関わり、顧客の心に残る体験を提供するインタラクティブな方法を提供します。

Groove Jones 社による Medtronic 社製品体験

Image depicting Groove Jones’ Medtronic experience

Groove Jones 社が企画したこのユニークな体験は、Medtronic 社の GI Genius™ および PillCam™ システムの力をわかりやすく伝えるものです。GI Genius™ インテリジェント内視鏡モジュールは、人工知能(AI)を搭載したコンピューター支援型ポリープ検出システムとして、世界で初めて市場に投入されたものです。カプセル内視鏡システム PillCam™ COLON は、非侵襲型のカプセル内視鏡検査で大腸を直接観察することができ、ポリープの早期発見をサポートします。このゲームは、AI を搭載したシステムが下部消化管にできる前がんポリープの早期発見を改善することを潜在顧客に教えてくれます。

トレンド 4:小売業向けのフォトリアリスティックなレンダリング

誰もがオンラインで何でも注文できる時代に、あるブランドを他のブランドと差別化するものは何でしょうか。オンラインショッピングは、小売業者にとって競争力をつける上で非常に大きなプレッシャーとなっています。Deckers 社の Mitchell Harvey 氏が、製品のレンダリングにリアルタイム 3D を採用したのはこのためだと語っています。「自社のブランドを伝え、忘れられない体験を消費者に提供するために、探索できることに制限はつけていません。」

Smartpixels 社

Image depicting Smartpixels' Consul shoe

Smartpixels 社のチームは、Church's からシューズブランド Consul の 75 周年を記念してコンフィギュレーターを開発するよう依頼されたときに、同じことに気づきました。ネット上でフォトリアリスティックに見える商品なら、購入する可能性は高くなります。自分好みにカスタマイズできれば、購入の可能性はさらに高まります。リアルタイム 3D とフォトリアリスティックレンダリングにより、Church's の購買単価は 35% 増加しました。

Unity を販売やマーケティングにお使いですか

自分も自社製品に顧客を引き寄せるために Unity を使っているという方は、ぜひ Twitter でお声がけください。 

Unity for Digital Twins をフォロー:TwitterLinkedInInstagram Unity for Digital Twins の詳細については、最近のデモまたは新しいキックスターターパッケージをご覧ください。

2022年9月30日 カテゴリ: 製造業 | 7 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿