Unity を検索

リアルタイム 3D があらゆる業界に変化をもたらす

2019年6月19日 カテゴリ: 製造業 | 4 分 で読めます
取り上げているトピック
シェア

リアルタイム 3D は、多くの人が認識している以上に深い意味で、すべてを変えつつあります。ゲームで鍛えられたこの技術は、ゲームの制作、運営、収益化の方法を変え続けています。その影響は、映画から自動車に至るまで、あらゆる産業にも及んでいます。

ベンチャーキャピタリストの Mary Meeker 氏は、最近の Internet Trends Report のプレゼンテーションの中で、「ゲームのための道具が今日のインターネットサービスの基盤となっている」と述べています。講演では、私たちのデジタル社会の多くの側面がゲーム業界で起きたイノベーションにまで遡ることができることを示す数々の例を挙げました。

ゲームのための道具が日常のインターネットサービスの基礎となっているように、リアルタイム 3D は様々なグローバル産業の基礎となると私たちは確信しています。リアルタイム 3D の影響範囲とインパクトを拡大することは、「クリエイターが増えれば、世界はより良い場所になる」という Unity の信念に根ざしています。ゲームで培われたこの技術は現在、メディアやエンターテイメント建築、エンジニアリング、建設(AEC)自動車、輸送機器、製造業など、さまざまな分野に変革をもたらしています。

自動車産業は、リアルタイム 3D の力で世界を再構築する最前線にいます。フォトリアリスティックなレンダリングや逸話レベルの AR や VR の使用例を超えて、この業界はリアルタイム 3D を採用し、自動車製品のライフサイクル全体と顧客体験を再定義しています。

 

今すぐダウンロード

自動車のライフサイクルを横断したリアルタイム 3D のインパクト

ここでは、Unity の自動車業界のお客様がリアルタイム 3D を業務に導入し、そのメリットを享受している 5 つの主要分野をご紹介します。

1. 設計のビジュアライゼーション

リアルタイム 3D は、車両の設計、開発、テストの方法にパラダイムシフトをもたらし、市場投入までの時間を短縮し、従来の方法にあった非効率性とコストを大幅に削減します。物理的なモデルやプロトタイプをバーチャル空間でレンダリングしたものに置き換えることで重大な欠陥をより早く発見することができ、コストのかかる反復テストをいくつも行う必要がなくなります。ある大手自動車 OEM は、リアルタイム 3D を使用することで、新しい車両の開発に 500 万ドルのコストを削減できると見積もっています。

リアルタイム 3D 活用事例: Audi のエンジニアは、Unity で作られたバーチャル環境で共同作業を行い、より迅速な意思決定を行っています。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

2. 自動運転車のシミュレーション

自動運転車による革命が迫っています。リアルタイム 3D を使って、現実世界では想定外とされる、シミュレーションが極めて困難なシナリオに対応するために、自動運転車の機械学習アルゴリズムを訓練することができます。これには、街路樹の倒木、自動車事故、異常気象、歩行者や動物が道路を横切って走るなどのシナリオが含まれます。こうしたシミュレーションは、完全に安全でリスクのない実験環境を提供するだけでなく、コストを非常に低く抑えるという効果も期待できます。

リアルタイム 3D 活用事例: Volvo、Varjo、Unity がコラボレーションして、混合現実(MR)を活用したアクティブで安全なシナリオをドライバーに提供しています。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

3. ヒューマンマシンインターフェース(HMI)

リアルタイム 3D は車内体験を再定義して、未来の車における車内体験がどのようなものかを指し示しています。自動運転車の時代に向かって進んでいくにつれて、ドライバーは乗客に、車はメディアとエンターテインメントのハブに変化していくでしょう。HMI 体験は、設計、生産、販売、マーケティング、サービス、およびオーナーのリテンションに大きな意味を持つようになり、研究開発の最前線となるでしょう。

リアルタイム 3D 活用事例: Byton は先日の CES で、49 インチ(125 センチ)の湾曲した体験共有のためのディスプレイを搭載した K-Byte コンセプトカーを発表しました。この車に搭載されたヘッドアップディスプレイ(HUD)および HMI は Unity を使って構築されました。



4. トレーニングとガイダンス

製造現場から販売現場に至るまで、知識が豊富で十分な訓練を受けた従業員がいることは、すべての自動車メーカーにとって成功に不可欠な要素です。従来のマニュアルベースのトレーニングやインストラクターによるトレーニングは、非常に時間がかかるだけでなく、交通費、翻訳、機械のダウンタイムなどを考慮すると、非常に高額なものになることもしばしばです。リアルタイム 3D は、複数のシナリオにわたってこれらの問題の多くを解決し、インタラクティブで没入感のある体験を提供することで、学習曲線を縮め、定着率を高め、生産性を最大化します。

リアルタイム 3D 活用事例: Volkswagen が全世界 120 か所の生産拠点でリアルタイムのコラボレーションとトレーニングをどのように推進しているかをご覧ください。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

5. 営業とマーケティング

今日、バイヤーを引き付けるためには、写真ギャラリー、機能と長所のリスト、トリムレベルと価格の比較ツールよりも、魅力的なコンテンツが必要とされています。メーカーは、販売店だけでなく、あらゆるデバイス上で、現実の再現度合いが高いインタラクティブな体験を提供しなければなりません。製品コンフィギュレーターはそのような体験の 1 つであり、バイヤーが求めているものについての貴重な知見を提供し、メーカーはそれに応じて生産を調整することができるようになります。

リアルタイム 3D 活用事例:キャデラックが VR のバーチャルショールームで感動的な販売体験を実現した例をご紹介します。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

ホワイトペーパーを読む

ホワイトペーパーでは、それぞれのユースケースについて詳しく説明しています。自動車メーカーのトップ 10 に数えられる各社が Unity のリアルタイム 3D プラットフォームを信頼している理由を知りたい方は、Unity の自動車業界向けソリューションのウェブページ をご覧ください。

 

今すぐダウンロード

2019年6月19日 カテゴリ: 製造業 | 4 分 で読めます
取り上げているトピック