Unity を検索

Forma Render でマーケティング向けアセットの制作速度を向上させる

2021年10月21日 カテゴリ: 製造業 | 10 分 で読めます
Dining room table rendered in Forma
Dining room table rendered in Forma
取り上げているトピック
シェア

Unity Forma の最新リリースには、Unity のマーケティングソリューション製品に新たに加わった Forma Render が含まれています。Forma Render は、デジタルフォトグラフィや映像制作スタジオの持つ利点と、オンデマンドで必要な画像を出力できるレンダリングエンジンを組み合わせた製品であり、これを使えば誰もが 3D 製品データから高品質なビジュアルアセットを作成することができます。

Unity Forma は、HOMAG のような企業で、インタラクティブ性で顧客を惹きつける魅力的な 3D 製品コンフィギュレーターを作るために使われている、定評あるソリューションです。マーケティングチームにとって、Unity Forma を活用するメリットはますます拡大しています。現在 Unity Forma に同梱されている Forma Render が、Unity のマーケティングソリューション製品スイートに新たに加わりました。Unity Forma で構築された 3D コンフィギュレーターモデルを利用してマーケティングチャネルに向けたビジュアルアセットを作成することで、製品を市場に投入するまでの労力と時間を大幅に削減します。Forma Render のベータ版を導入したある家電ブランドは、製品のマーケティング素材を 2.5 か月早く市場に投入できたと述べています。

現在のツールでは対応できない

従来のコンピューター生成画像(CGI)のオフラインレンダリングワークフローでは、パーソナライズされたマーケティング向けの画像アセットがいくらでも必要とされる現状に対応することができません。オフラインレンダリングを使うプロセスには時間がかかり(したがってコストもかかり)、高度な技術を持つ 3D の専門家が関わる複雑な制作パイプラインが必要となります。時間もコストもリソースもかかり、しかも競合他社に先駆けて製品を市場に投入することはできません。

これを置き換える方法の 1 つが昔からある写真を使ったワークフローですが、この方法だと写真撮影に耐えるレベルの試作品が必要でした。この方法は製造コストが高くつき、しかも後でデザインの調整があると写真はただちに陳腐化してしまいます。試作品や撮影スタッフを現場に移動させる手間に加えて、ライティングや天候、時間帯など、コントロールできない外部要因が重なると、簡単に撮影のための時間や予算が足りなくなってしまいます。

現代のマーケティング担当者は、製品を迅速に届けることを求められています。レンダリングの専門家が CGI を作成するのに何か月も待つことはできませんし、現場で高い費用を払い、試作品の写真撮影をする余裕もありません。なにより、これらの方法では、カスタマイズされた画像アセットをスケーラブルに作成することはできません。Unity Forma と Forma Render がどのようにマーケティングコンテンツの制作プロセスを効率化しているのかをご紹介します。

Forma rendering

コンフィギュレーターから始まる

Unity Forma で作成されたコンフィギュレーターは製品のデジタルツインのアプリケーションであり、製品に関連するすべてのバリエーションが含まれています。このような作りが、コンフィギュレーターでのパーソナライゼーション体験を可能にしています。Forma Render は、コンフィギュレーター向けに作成されたデジタルツインから実行されます。これは、Forma Render で作成されたビジュアルアセットは、どのような構成の製品でもそれを正確に表現できることを意味します。

Forma Render でコンフィギュレーターのデジタルツインを作成する専門チームの成果物を活用することで、他のチーム(コンテンツプロデューサーやブランドマーケターなどのチーム)が、特別な 3D ソフトウェアのスキルやコーディング、費用と時間のかかる物理的な試作品を必要とせずに、高解像度のメディア向けアセットを生成できるようになります。

複数の出力オプション

Forma Render は、複雑な CGI ソフトウェアのトレーニングを必要とせず、WYSIWYG(What You See Is What You Get; 見たものがそのまま得られる)のリアルタイム環境で動作するため、マーケティングチームはさまざまな種類のコンテンツを簡単に作成することができます。Forma Render のアセット作成オプションには以下のものがあります。

  • インタラクティブな合成:製品モデルのシーン内への配置、位置決め、設定のバリアントの有効化など、すべてをリアルタイムで行うことができます。
  • 使用目的に最適化されたアセット:印刷物、デジタル広告、ウェブサイトへの掲載などの使用目的に合わせて、画像を必要な解像度、アスペクト比、ファイル形式に最適化します。最大 16K 解像度でのレンダリングが可能です。 
  • 一括レンダリング:複数のバリエーションを組み合わせて作ったビジュアルアセットを簡単、迅速に一括生成し、マーケティングチャネルに公開することができます。
  • オンデマンド画像:Forma Render をクラウドでホスティングすることにより、ウェブサイトやアプリケーションからのパーソナライズされたコンテンツのリクエストに、ミリ秒単位の応答速度で対応することができます。

ある Forma Render の顧客によると、顧客直販モデルの設計能力を 400% 向上させつつ、市場のニーズに合わせた複数の顧客パーソナライゼーションのオプションを提供することができたということです。

従来のマーケティングアセットを簡単に作成

インタラクティブなリアルタイム 3D 製品コンフィギュレーターは、パーソナライゼーションが進む市場において不可欠なものとなっています。しかし、徹底したマーケティングキャンペーンには、静止画など、従来のマーケティングコンテンツも必要です。Forma Render を使えば、これも簡単に作成できます。Unity Forma で設定済みの製品モデルをもとに、画像が必要な製品のバリエーションを選択し、好みの 3D 環境にモデルを配置し、新しい画像ベースの背景(HDRi 環境)を読み込み、製品の配置、カメラアングル、ライティング、エフェクトを調整して、キャンペーンに使用できる画像や動画を一括で生成することができます。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

フォルクスワーゲンが Unity を使ってマーケティングコンテンツ制作に革命を起こしたストーリーを視聴しよう。

写実的なアセットを届ける

しかし、画像の質についてはどうでしょうか。商品を正確に表現することは顧客との信頼関係を築くことにつながるので、写真のような品質で製品の画像が得られるかどうかはマーケターにとって優先順位の高い課題です。これはパーソナライゼーションにとって最も大事なことであり、オンラインで顧客を惹きつけるために不可欠なものです。

Forma Render では、Unity の HD レンダーパイプライン(HDRP)を使ってアセットを作成することができます。Lexus LC 500 を使用したこちらのプロジェクトを見てもわかるように、Unity の HDRP は驚くほどリアルな画質の画像や動画をリアルタイムで生成します。さらに、レイトレーシングも、プレビュー版が利用可能になっています。この高度なレンダリングパイプラインにより、マーケターはマーケティングチャネルに適したアセットを簡単に選択することができます。

Forma House Root Prefab With Lights
写実的なアセットが顧客を惹きつける鍵となる

簡略化されたワークフロー

Unity Forma と Forma Render の基本は、ワークフローのプロセス改善を促すことです。Unity Forma は、リアルタイム 3D 技術を活用し、単一のパイプラインでオムニチャネルコンテンツを制作ができる環境を提供することで、チームのより効果的なコラボレーションを実現し、製品コンフィギュレーターをより早く市場に投入することを可能にします。Forma Render は、これをさらに一歩推し進めます。

並列して作業する

コンフィギュレーターを基盤として、Forma Render は、あらゆる規模、あらゆる場所のマーケティングチームが、マーケティングチャネルの要件を同時に満たすことを可能にします。たとえば、コンテンツ制作者はデジタルマーケティング向けのアセットを一括レンダリングし、ブランドマーケティング担当者は印刷用の資料を準備することができます。全員がコンフィギュレーターのデジタルツインを使って作業することで、一貫した製品の見せ方が可能になります。

簡単で効率的なレンダリング

専門的なスキルを持った人材を採用することなく、Forma Render で高品質なアセットをレンダリングすることができます。オムニチャネル向けのアセット制作を、専門的な 3D ソフトウェアやコーディングのスキルを習得してもらう必要なく、より多くの従業員に分担してもらうことができます。アセットを事前に制作し、既存のデジタルアセット管理システムに配信することができます。

また、Forma Render アプリケーションをクラウドでホスティングし、設定パラメーターを受信したタイミングでオンデマンドで画像を配信することもできます。これにより、コンテンツを事前にレンダリングすることなく、ウェブサイトやアプリケーションに画像を動的に配信することができます。事前レンダリングの段階を省略することで、制作をより自由に、より反復修正をしやすい形で進めることができ、将来のマーケティングキャンペーンでさらにパーソナライズを進めるための基盤を形成することができます。この機能は、バリエーションが多く、世代ごとの画像の差し替えのリクエストが常にある製品に最適です。ヘッドレスレンダリング API は、システムインテグレーターがクラウドスタックに統合することもできますし、Unity チームに直接連絡して実装のサポートを受けることもできます。

ある Unity の顧客からは、「Forma は、私たちの既存のワークフローに非常に大きな価値をもたらしました。メディアの制作にかかる時間を約 75% 短縮しました。」との声も聞かれます。

electing camera angles and output formats is easy with Forma Render
Forma Render では、カメラアングルや出力フォーマットを簡単に選択できる

Unity Forma 3.0 のアップデート

Unity Forma の最新バージョンが公開されました。主な更新内容は以下の通りです。

  • インストールプロセスの効率化
  • Unity Hub からアクセスできる、プロジェクトを迅速に立ち上げるためのテンプレート
  • 最適化されたプラットフォームの設定が事前に定義されているため、特定のプラットフォーム上でプロジェクトを効率的に実行可能
  • WebGL 最適化の改善(同梱のサンプルプロジェクトにデモあり)
  • Web サイトへの 3D コンテンツ組み込みを可能にする新しい JavaScript API
  • モバイル対応の新しいランタイム UI システム
Forma Infographic
Unity のマーケティングソリューションを使って、インポート、作成、公開、分析を行うことができる。Unity Forma に Forma Render が同梱されるようになった。

Unity Forma のようなリアルタイム 3D 技術を採用することで、産業界のユーザーは製品のライフサイクルプロセスを大幅に改善しています。Unity Forma でできることや、さまざまな顧客事例を紹介する月例ウェビナーシリーズで、Unity Forma の情報に触れてください。次回のウェビナーセッションにぜひお申込みください。また、これまでのウェビナーをオンデマンドでご覧いただくこともできます。 

Unity Forma の最新リリースには、Forma Render が同梱されています。Unity Forma の製品ロードマップで今後のアップデート予定を確認することができます。Unity Forma の無料トライアルについては、Unity のエキスパートにお問い合わせください。

2021年10月21日 カテゴリ: 製造業 | 10 分 で読めます
取り上げているトピック