Unity を検索

小売業者がメタバースで成功するために準備している 3 つの方策

2022年11月18日 カテゴリ: 製造業 | 7 分 で読めます
3 ways retailers are preparing to thrive in the metaverse | Hero and thumbnail image
3 ways retailers are preparing to thrive in the metaverse | Hero and thumbnail image
取り上げているトピック
シェア

より魅力的な体験を求める消費者ニーズの高まりに応え、小売業界は従来の実店舗の枠を超えて、急速に進化を遂げつつあります。今日、ブランドはリアルタイム技術を活用し、ビジネス戦略を変革する新しい方法を探求し、顧客にとってより没入感のあるインタラクティブなショッピング体験を生み出しています。

メタバースは、小売企業にとって未開拓の可能性を秘めています。しかし、ブランドはこの新しいフロンティアで成功するために、どのように備えればよいのでしょうか?

私たちの最新の e ブック「Retail's Big Shift:Real-Time 3D and the Metaverse」では、Unity の産業分野のエキスパート Sara Oberst と Jordan McPhee が、メタバース技術がどのように小売業を再構築しているか、そしてブランドはどのようにすれば、変化する購買行動の波に耐えられる軽快なメタバース戦略を構築できるかについて掘り下げています。

このブログでは、e ブックに示された知見をもとに、小売業界がこの新たな仮想空間で成功するために準備している 3 つの方策について説明します。

1. 有意義なブランド体験を創り出す

小売業界の変革においてすでに重要な推進力となっていた e コマースは、COVID-19 によるパンデミックの中、企業が顧客の需要に対応するために、さらに推進されました。

しかし、e コマースの成長に伴い、従来のデジタルマーケティングではカスタマイズやエンゲージメントの可能性に欠けることが浮き彫りになってきました。ブランドは、新規顧客の獲得と既存顧客の維持のためにさらに努力する必要があるとすぐに気付き、多くの小売業者が技術インフラをアップグレードし、メタバースのユースケースのフレームワークを構築するデジタル変革が起こりました。

メタバースは、消費者がお気に入りのブランドへすべてアクセスできる環境を提供することができます。商品デザイン・研究開発への参加から、実際に商品を手にするのと同じように仮想空間で商品を探すことまで、インタラクティブで魅力的なショッピング体験を実現するための選択肢は限りなく広がっています。今後、小売企業がメタバースで卓越した存在となるためには、これまで築いてきた基盤の上に、デジタルと現実の世界を融合させ、一貫した有意義なブランド体験を提供し続けることが必要です。

ここでは、小売業者がメタバース技術を利用して消費者のエンゲージメントを加速し、コンバージョンを高め、ブランドを強化している事例を紹介します。

バーチャル試着

Deckers virtual try-on

多くの小売店舗が営業を再開していますが、オンラインチャンネルでの個人消費は引き続き拡大しています。バーチャル試着体験では、消費者は自分のサイズに合わせたデジタルアバターを使って服やアクセサリーを選ぶことができるので、消費者は適切なサイズのものを購入できるようになり、返品を減らすことができます。

製品コンフィギュレーター

動画提供:SmartPixels、Globe-Trotter

3D 製品コンフィギュレーターを使えば、小売業者は、顧客にインタラクティブに製品を観察し、カスタマイズする機能を提供することができます。

買い物客を購入者に変える、より魅力的な方法を探していた高級旅行・ライフスタイルブランドの Grobe-Trotter は 3D ウェブコンフィギュレーターを提供することで、実物を見なくても顧客がカスタムの旅行鞄を自信を持って購入できるようにしました。

バーチャル小売店舗

店舗やショールームのデジタルツインは、モバイル端末や仮想現実(VR)で店内体験を再構築し、小売客に新しい没入感のある買い物の方法を提案します。メタバース技術によって、消費者がゲーム機からランウェイショーに参加したり、最新のファッションコレクションをスマートミラーに直接配信したりすることも可能になっています。

2. 顧客の信頼を高める

私たちが分散型の Web 3.0 に向かっていく中で、小売業者は新たに形成された分散型インターネットを作り出している自然発生的なコミュニティと本物の関係を構築することの重要性に気づいています。

このようなコミュニティへのアクセスは必ずしも容易ではありません。顧客とブランドの関係はよりパーソナライズされつつあり、小売業者はメタバースでの相互作用と相互接続性を利用して、自社と顧客との間に明確な道筋を作ることが期待されているのです。

Image courtesy of SmartPixel
画像提供:SmartPixel

この変化に伴い、パーソナライズされたコンテンツ、特に 3D コンテンツへの需要が急速に高まっており、これに対応しようとする多くの小売業者は、バーチャルフォトグラフィインフラを使用して写真のようにリアルな 3D アセットの制作を自動化しているのです。このプロセスを合理化するために、Unity はマーケティングやセールスコンテンツに使用する 3D アセットを大規模に生成する使いやすいツールを提供しています。

3. データリッチになる

デジタルツイン を活用することで、小売業者はデータの力を最大限に引き出し、セールスおよびマーケティングの知見を通じて情報に基づいた意思決定を迅速に行い、顧客にとってますます優れた商品、サービス、そしてメタバース体験を生み出すことができるようになるのです。

デジタルツインは、メタバースの構成要素であり、現実世界の資産と、膨大な量の現実世界のデータを結びつけることでその力を発揮します。企業が過去について理解を深め、現在の状況を確認し、未来に問題が発生するのを防ぐ上でも役立ちます。

デジタルツインから収集された膨大なデータをフィルタリングし、意味のある情報に変換するという課題を、ブランドはどのように乗り越えていくのでしょうか。リアルタイム 3D を使うのです。リアルタイム 3D を組み込んだデジタルツインは、消費者データを収集・整理し、そのデータをリアルでインタラクティブなビジュアライゼーションとして即座に見せることができます。

メタバースは、小売業にとって新しくエキサイティングなフロンティアであり、率先して将来を計画する企業が成功するための最良のポジションを得ることができます。皆さんの会社では、メタバースで販売活動を行うための準備はどの程度進んでいるでしょうか。

Retail’s Big Shift: Real-Time 3D and the Metaverse | E-book promotional image

メタバースでの小売業を成功させるためのヒントやアドバイスをお探しの方は、私たちの最新 e ブック「Retail’s Big Shift: Real-Time 3D and the Metaverse」をご覧ください。そして、3D マーケティングスターターパックで、メタバースにフォーカスしたマーケティングへの最初の一歩を踏み出しましょう。

2022年11月18日 カテゴリ: 製造業 | 7 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿