Unity を検索

メタバースへの道はリアルタイム 3D で舗装されている

2022年4月6日 カテゴリ: Industry | 7 分 で読めます
Colorful spirals in blue, pink, and purple
Colorful spirals in blue, pink, and purple
シェア

Is this article helpful for you?

Thank you for your feedback!

技術の分野で次に来るものを取り入れるときに備えて、私たちは、顧客が道を切り開くために必要な知見とツールを備えています。私たちは、新シリーズのセッションとワークショップ「Road to the Metaverse」を通じて、次の技術を取り入れる顧客の道案内をしたいと考えています。

自動車、建設、製造、小売など、さまざまな業界が次の競争力の源泉を求めている中、多くの企業が没入型のインタラクティブ 3D 体験を導入しています。最新シリーズ「Road to the Metaverse」では、リアルタイム 3D 技術について、なぜそれがメタバースの基礎となるのか、そしてどのようにしてそこに参加できるのかを説明しています。どのような方でも歓迎です。このシリーズへの参加に専門的な技術は必要ありません。

「私たちはメタバースを作るための基礎となるツールセットを提供します。 」 - John Riccitiello(Unity CEO)

Black and white blueprint, CAD model of a industrial machine

Road to the Metaverse」は、エグゼクティブ向けとクリエイター向けの 2 つのトラックに分かれています。このシリーズは、変化するビジネスとテクノロジーの展望を理解したい意思決定者にも、業界向けのクールなアプリケーションを開発する開発者にも、メタバースを形成する戦略やツールに関する深い知見と実践的なガイダンスを提供します。

クリエイター:最先端で活躍するためのスキルを身につける

シニアテクニカルスペシャリスト Ben RadcliffeJerome Maurey-Delaunay がクリエイタートラックを担当し、メタバース体験を構築するための Unity ツールについて知っておくべきことをすべてお話しします。 

Unity エディターの基本から始まり、既存の 3D データを使って拡張現実(AR)、バーチャルリアリティ(VR)、複合現実(MR)、エクステンデットリアリティ(XR)で本当に没入できる体験を構築する方法を、Ben と Jerome が解説します。また、大規模体験の展開や、理想的なエンドユーザー体験を実現するための最適化についても解説しています。

Unity の使用経験の有無にかかわらず、既存のスキルセットを基に、リアルタイム 3D 没入型インタラクティブ体験を業界のニーズに合わせて適応させる方法を学びます。  

Ben と Jerome は以下のトピックについて解説します。

  • デジタルアセットと物理的なアセットを Unity に取り込む
  • インタラクティビティを加える
  • ライトタイムデータの可視化
  • AR、VR、MR などの基礎知識
  • 没入型トレーニング
  • Microsoft Mixed Reality Toolkit
  • XR における IoT(モノのインターネット)データ
  • 地理的位置情報を利用した AR ソーシャル体験
Tractor on dessert landscape

口出しばかりの人にならないために

道具を手にしてみることが、それについて学ぶ一番の方法です。Unity エディターを起点に、さまざまなルートでメタバースの旅に出ることができます。すでに持っている 3D アセットを使って、皆さんの業界に合ったメタバース体験を構築する方法を発見できます。 

また、クリエイター向けワークショップのために特別に用意されたアセットコレクションを無料で利用できるので、学んだテクニックを実践してみることも可能です。 

Ben は、Disney、Lucasfilm、Industrial Light & Magic など、ストーリーテリングのアートとサイエンスの分野で 20 年以上の経験を持ち、また Jerome は、Tata、Airbus、Panasonic Avionics などのプロダクションで経験を積み、産業界のユーザー向けのインタラクティブ体験に極めて特化した経験を持ちます。参加者の皆さんは専門家の指導を受けることができるのです。産業界のユーザーにとって本当に有益な、クリエイティブなメタバースアプリケーションに対する彼らのアプローチをご覧ください。

クリエイター向けのワークショップは、2022 年 4 月 13 日午前 8 時(日本時間 4 月 14 日午前 2 時)に第 1 回が開催されます。毎月、新しいエピソードをお届けします。お見逃しなく! 

3D model of skid loader being moved around in front of a sunset

エグゼクティブ:ギアチェンジしてビジネス戦略を加速させる

デジタルトランスフォーメーション、インダストリー 4.0、そしてデジタルツイン。メタバースは広大であり、ビジネスや産業への影響も複雑で、考察すべき切実な問題も多数あります。 

エグゼクティブトラックは、Unity の Accelerate Solutions 部門の役員である Ryan Peterson が担当します。Accelerate Solutions は、ゲーム、映画スタジオからエネルギー、小売、製造業まで幅広い業界に対して、オーダーメイドのコンサルティングや開発サービスを提供する、Unity のプロフェッショナルサービスチームです。リアルタイム 3D に関する深い知識と、あらゆる規模の企業のビジネス戦略や業務のデジタル化を支援してきた 20 年以上の経験を持つ Ryan は、業界が抱える課題に対するユニークな知見を備えています。 

このシリーズでは、メタバースに対する Unity の見解や、彼のチームが Unity の技術スタック全体を使って、さまざまな企業のデジタルトランスフォーメーションの道のりをどのように支援しているかについて、Ryan が詳細なところまで解説してくれます。メタバースのさまざまなユースケースに触れ、さまざまな業界におけるデジタルツインの導入事例を聞くことができます。Accelerate Solutions が、大手クライアント企業に対して、どのように新しい技術を活用してデジタル戦略の底上げや転換を支援したのか、そのヒントをご紹介します。  

エグゼクティブシリーズは 2022 年 5 月 12 日にスタートします。2 つの時間帯から選んでご視聴ください(太平洋時間の午前 9 時と午後 5 時(日本時間では翌日の午前 1 時と午前 9 時(夏時間の期間))の 2 回、それぞれ同じ内容をお届けします)。Ryan は 2 か月に一度、新しいディスカッションを開催する予定です。  

 

それは現在進行形の旅

Road to the Metaverse」の詳細はこのウェブサイトでチェックしていただけます。どちらのトラックにもこのページからサインアップできます。各回お見逃しのないようぜひご登録ください。すべてのセッションは、オンデマンドで再視聴することができます。

また、Live Learn シリーズで Unity のスキルを伸ばすことができます。毎月開催される Unity Learn ワークショップでは、あらゆるステークホルダーを魅了するリッチでインタラクティブな体験の作成、およびその配信、運用に役立つ Unity のコア機能とワークフローをステップバイステップで学ぶことができます。自分に合ったセッションを選び、自分だけの学習プランを構築してください。

今すぐ席を予約する

メタバースへの道を共に歩み、皆さんの業界が取り残されないようにしましょう。

今すぐサインアップ

2022年4月6日 カテゴリ: Industry | 7 分 で読めます

Is this article helpful for you?

Thank you for your feedback!