Unity を検索

Unity 2021.2 の 2D クリエイター向け新機能

2021年12月17日 カテゴリ: ゲーム | 9 分 で読めます
Montage of 2D works with Unity
Montage of 2D works with Unity
取り上げているトピック
シェア

Is this article helpful for you?

Thank you for your feedback!

2D クリエイターのための最新のツールと機能

Unity 2021.2 TECH ストリームリリースが公開されました。今回のリリースでは、皆さんのようなアーティストやデザイナーの制作ワークフローを最適化し、深い没入感を生み出せるようにするための新機能や改善点が数多く盛り込まれています。

2D に関しては、PSD のインポートや 2D キャラクターの作成におけるスムーズなワークフロー、タイルマップや 2D 物理のパフォーマンスや拡張性の向上のみならず、2D グラフィックスの新機能を搭載したことで、美しくパフォーマンスの高い 2D 体験のレンダリングに磨きがかかっています。

ぜひ続きをお読みいただき、今回のアップデートの詳細に触れてください。

2D Animation 7.0

2D girl in Unity editor

2D Animation 7.0 では、スキニングエディターによってユーザー体験の向上を図っています。Sprite Influence ツールを利用して、選択したボーンが影響を与えるスプライトを検出できるようになりました。さらに、Visibility パネルに新しく追加されたカラーピッカーは、ボーンの色を修正するのに役立ちます。

この変更については、2D Animation 7.0 のフォーラムで議論されています。皆さんもぜひ議論に参加してください。

2D PSD Importer 6.0

2D dinosaur robot in Unity editor

Unity 2021.2 に搭載された 2D PSD Importer 6.0 は、Photoshop やその他の画像編集ツールのワークフローを Unity で利用しやすくするために、レイヤー管理とマッピングに重点を置いて開発されたツールです。

特に、Photoshop ファイルのレイヤー ID ではなく、レイヤー名に Sprite Rect をマッピングする機能が追加されました。これは、レイヤー ID をエクスポートしないサードパーティ製の画像編集ツールで作成された PSD を繰り返し編集する際に便利です。 

Photoshop ファイルのレイヤーグループ内のレイヤーを折りたたむことで、Photoshop で画像が描かれている複数のレイヤーをまとめて、Unity の1つのスプライトとして生成するワークフローが可能になります。つまり、事前に Photoshop でレイヤーを統合する必要がなくなったのです。

URP の 2D グラフィックス

2D cave in video game

ユニバーサルレンダーパイプライン(URP)バージョン 12 に搭載された2D グラフィックスの新機能をご紹介します。

まず、2D URP プロジェクトテンプレートが Hub に追加されました。URP の 2D Renderer に合わせて設定された 2D プロジェクトをすぐに始めることが可能になっています。

また、シェーダーグラフに新しい 2D Light Texture ノードが追加され、2D Renderer で生成された Light Texture のサンプリングが可能になりました。これをシェーダーグラフの Universal ターゲットにある Sprite Custom Lit マテリアルと組み合わせることで、2D ライトとの相互作用を調整する必要のあるシェーダーの最終出力をカスタマイズすることができます。また、シェーダーグラフのメインプレビューには、回転を避けるための新しい Sprite オプションが用意されました。これにより、URP の Sprite シェーダーに強力なデフォルトのプレビュー機能が備わりました。

最後に、Light Explorer ウィンドウに 2D Lights タブが追加され、シーン内のすべての 2D 光源を選択・編集できるようになりました。

詳細については、フォーラムの投稿を参照してください。

2D グラフィックスのサンプル

このリリースに合わせて、URP バージョン 12 の 2D グラフィックスの能力を示すサンプルを更新し、いくつかの新しいサンプルを提供しています。2D Renderer のサンプルはこちらから入手してください。

サンプルは大きく 2 つグループに分かれています。

  • 機能が実際に使われているサンプル
  • 特定の問題を解決するために機能が使用されていることを示す応用例

今回のリリースでは、以下のサンプルを組み込みました。

 

Visual Effect Graph

シンプルなシーンで 2D Renderer と Visual Effect Graph の連携について例示しています。

 

Emissive

このサンプルでは、シェーダーグラフの新しい 2D Light Texture ノードを紹介しています。スプライトのエミッシブマスクのセカンダリーテクスチャが、2D Renderer で生成されたライトテクスチャのサンプリングやモジュレーションに使用される様子をご覧ください。また、Bloom ポストプロセッシングで、スプライトのピクセルの外側にグローを拡張する方法も紹介します。

 

Renderer Features

2D Renderer で Renderer Feature がどのようにサポートされているかをご紹介します。このサンプルでは、フルスクリーンのぼかしを作成するために使用される Scriptable Renderer Feature を検証します。

2D Pixel Perfect Camera

Camera Settings in Unity

URP の 2D Pixel Perfect Camera コンポーネントのインスペクターは、よりシンプルに進む開発体験を提供します。実際、Crop Frame と Grid Snapping のオプションの名前を変更し、再編成しました。

タイルマップ

パフォーマンスの改善

Unity 2021.2 では、タイルマップの全体的なパフォーマンスを向上させるために複数の変更を行いました。タイルマップに複数のタイルを設定できるようになり、RuleTile のキャッシュも以前より高速になりました。また、スプライトエディターの Isometric Slicing オプションを使ってスライスしたテクスチャからスプライトを作り、そのスプライトからタイルを生成する場合について、タイルの配置を修正しました。

API の改善

上記の他に、タイルマップに加えられた拡張性にまつわる改善点を紹介します。

  • TileChangeData 構造体からの SetTile/SetTiles API が追加されました。これにより、特定の位置にあるタイルの色とトランスフォームを一度に設定することができるようになりました。このタスクを完了するために 3 つのコールを呼び出す必要はなくなりました。
  • GetAnimationFrameCount、GetAnimationFrame、GetAnimationTime、SetAnimationFrame、SetAnimationTime が搭載されたことで、タイルマップ上のタイルのアニメーションのタイミングを調整できるようになりました。
  • GetTilesRangeCount と GetTilesRangeNonAlloc を使って、タイルマップの指定された開始位置と終了位置の間の位置とタイルを決定します。
  • Vector3Int コンストラクターでは、x と y に 2 つの整数を指定し、z は 0 に設定します。

2D 物理

Abstract 2D shapes

Unity 2021.2 では、2D 物理に 2 つの新機能を導入し、プリミティブな形状に直接アクセスできるようになりました。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

Custom Collider 2D

実際のプリミティブ形状の作成、更新、削除に直接アクセスできる新しいコライダーをお試しください。

  • 円、カプセル、多角形、エッジなど、利用可能なプリミティブな形状を自由に組み合わせて活用できます。
  • 物理マテリアル、トリガー、物理コールバック、エフェクターの互換性、シーンギズモなど、既存のすべての機能を自動的に継承します。
  • 物理的な形状のプロパティを実行時でも変更できます。

Physics Shape Group 2D

このグループは、プリミティブな形状のシンプルなコレクションを表しています。

  • PhysicsShapes の追加、修正、削除、および PhysicsShapeGroup2D のマージを行います。
  • CustomCollider2DA で形状を定義し、既存の 2D コライダーで Collider2D.GetShapes を使用して PhysicsShapeGroup2D を生成します。または、Rigidbody2D.GetShapes を任意の Rigidbody2D に使用して、すべてのコライダーのすべての形状を取得します。

サンプル

2D Physics Samples の GitHub レポジトリにアクセスして、以下のシーンを開いて、CustomCollider2D と PhysicsShapeGroup2D の動作を確認してください。

  • CustomCollider2D_Compound
  • CustomCollider2D_Logo

『Lost Crypt』と『Dragon Crashers』が Unity 2021.2 に合わせてアップデート

最新の 2 つの 2D サンプルプロジェクト、『Lost Crypt』と『Dragon Crashers』をアップデートし、Unity 2021.2 で動作するようにしました。

これらのサンプルに関する公式フォーラムのディスカッションには、以下のリンクからご参加ください。

始めよう

2021.2 TECH ストリームをダウンロードして、アーティストやデザイナー向けの最新機能にアクセスしましょう。また、2D ツールの概要も忘れずにご覧ください。

今後の予定

公開ロードマップの閲覧、検討中の機能への投票、可能性のあるユースケースの提供、追加機能の要望などが、1 つの場所で行えます

e-book preview
近日公開予定の e ブックでは、高度な 2D アート制作のプロセスを詳細に説明しています。

事前登録を行い、アーティスト向けの無料の e ブック「2D game art, animation, and lighting」をぜひ入手してください。新しいエキスパートガイドは、Unity の最新の 2D グラフィックスツールを最大限に活用するうえで役立ちます。150 ページに以下の内容がまとめられています。

  • 2D プロジェクトの設定
  • Unity とお使いの DCC ソフトとのラウンドトリップ
  • レイヤーのソートだけでなく、スプライト、法線マップ、マスクマップも制御
  • カメラの設定
  • スケルトンアニメーションとリギングの作成
  • ライトの設定、特殊なシェーダーエフェクト、および関連するテクニック
  • プロジェクトを最適化して、より強力な結果を得る
Unity Game Designer Playbook

「Unity Game Designer Playbook」の無料コピーをぜひダウンロードしてください。こちらは Unity でのゲームプレイのプロトタイプ作成、制作、テストの方法を学びたいゲームデザイナーにヒントと指針を与えてくれるガイドとなっています。こちらのブログでもその内容について読むことができます。

2021年12月17日 カテゴリ: ゲーム | 9 分 で読めます

Is this article helpful for you?

Thank you for your feedback!

取り上げているトピック