Unity を検索

Unity の最新サンプルゲーム『Gigaya』のご紹介

2022年3月23日 カテゴリ: ゲーム | 6 分 で読めます
Gigaya sample game
Gigaya sample game
シェア

GDC 2022 で、私たちは近日公開予定のパズルプラットフォーマーのサンプルゲーム『Gigaya』を紹介しました。Gigaya』は現在活発に開発が進められているところですが、完成した暁には、開発者がその開発過程から学べるように、無料でダウンロードできるプロジェクトとして提供される予定です。

サンプルゲームは、Unity のツールおよび機能のエコシステムを利用して作成されています。プロジェクトを通して、これらのシステムが単体の機能としてだけでなく、並行して動作することで、皆さんのゲームに使える高品質な開発のための製品として動作するという実例を目にすることができます。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

社内で制作したサンプルで Unity の真価を問う

コミュニティからは製品のワークフローを検証する方法として、Unity に独自のゲームを作ることを求める声が常にありました。『Gigaya』開発チームは、まさにそれを実行しているのです。開発チームは、プログラマー、アーティスト、デザイナー、プロデューサーなど、多彩な才能を持つ 15 人のクリエイターで構成されています。 

Unity のコアエンジニアリンググループとは別組織として活動している『Gigaya』チームは、特定の製品や機能に縛られることはありません。このユニークな構造により、私たちはインディーズや中規模のスタジオがゲームを成功させるために向き合うことになる問題に目を向けることができます。この配置により、ツールや機能、ベストプラクティスについて考察し、それをフィードバックして、Unity の開発プロセス全体を改善することができるのです。

Character

Gigaya』チームは、ゲーム開発の技術的な側面だけに焦点をあてているわけではありません。多くのスタジオにいるチームがそうであるように、このチームもオフィスにいる開発者と世界中のリモートでつながった開発者が入り混じったチームです。コミュニケーション、コラボレーション、プランニングなど、現代の多くの開発スタジオが抱えるものと同じ課題に直面しています。このアプローチを使って、開発者が複数のシーンで並行して作業し、マージ時の衝突を回避できるシーンの加算読み込みなどのワークフローを採用しました。このようなワークフローソリューションは、ゲーム制作を全体的なプロセスとして捉え、その知識を Unity 開発者と共有するのに役立ちます。

完全な製品ライフサイクル

Gigaya』は、過去のデモプロジェクトと同様に、最終的には皆さんに無料でダウンロードして実験していただける形で提供されます。そして、皆さんのインスピレーションの源泉や、学習機会としての役割を果たすことになります。また、『Gigaya』は、完全な製品ライフサイクルを経たのちに、Unity のデモとしては初めて Steam で無料サンプルゲームとして公開される予定です。 

プロジェクトがコンセプトからリリースまでの全工程を経ることで、私たちは開発プロセスに対する新たな視点を見出し、その強みや弱みも発見していきます。『Gigaya』を Steam で公開する究極の目的は、他の開発者と競争することではなく、開発者が苦痛を感じるポイントを特定し、あらゆる規模のクリエイターのレベルアップを支援するためのソリューションを提供することです。

Gigaya

URP によるスタイリッシュなグラフィックの作成

レンダーパイプラインは開発者の間でいつも熱い議論が交わされる話題ですが、『Gigaya』においてもそれは例外ではありません。制作チームは、どのレンダーパイプラインが最適かを議論し、最終的にプラットフォーム間の移植のしやすさと利用されている割合を考慮して、ユニバーサルレンダーパイプライン(URP)を採用することにしました。それ以来、『Gigaya』は、幅広いプラットフォームで機能するスタイリッシュでユニークな視覚体験を作り出すために、URP をどのように使用できるかを紹介するためのサンプルとなるように開発が進められてきました。

Gigaya

世界に生命を吹き込む

URP の機能を使い、Unity のアーティストとデザイナーは協働して、それ自体が物語となるような世界を作り上げることができました。『Gigaya』の環境は、実在する場所、つまりその場所がどうして今その姿になっているのかの背景がちゃんとある場所だと感じられるように、努めて作られています。この世界を実現するために、Unity のアーティストたちは、デカール、シェーダーグラフ、ビジュアルエフェクトグラフ、ポストプロセッシングエフェクトなどの機能を駆使してきました。その結果、生き生きとした、鮮やかな世界が出来上がりました。

Gigaya scene view
Gigaya scene view

プラットフォーマーキャラクターコントローラー

Gigaya』では、ゲームの主人公である「Wondu」の手応えが重要な要素となっており、堅牢でモジュール式のキャラクターコントローラの開発に大きな努力が払われています。ジェットパックとアームブラスターを装備し、ゲームの中での困難に立ち向かう Wondu。彼の動きは Unityのさまざまな機能を連動させて動かすサンプルとなっています。キャラクターコントローラは、ScriptableObject、リジッドボディ物理、アニメーションを活用したもので、これが最適なプラットフォーマー体験を実現します。

Platformer character controller
Character

今後の予定

Gigaya』は 2022 年の公開を目指し、今後数か月間開発を続けていきます。完成後は、サンプルゲームのアセットやソースコードも含めて、すべての Unity ユーザーが無料でダウンロードし、試用できるようにする予定です。また、Steam ユーザーの皆様は、Steam ストアからこのビルドを無料でダウンロードすることができます。

最新の開発状況を確認されたい方は、『Gigaya』のランディングページをご覧ください。

2022年3月23日 カテゴリ: ゲーム | 6 分 で読めます