Unity を検索

Romero Games『Empire of Sin』の成功をアシストするサービス

2020年9月24日 カテゴリ: ゲーム | 4 分 で読めます
取り上げているトピック
シェア

最小限の人数で回しているインディースタジオから大規模な AAA スタジオまで、何百ものゲームスタジオが、強固で安定した基盤を確保した上でプロジェクトの開発を進めるために、Unity Customer Success Services を利用しています。有名なストラテジーゲームパブリッシャー Paradox Interactive も開発パートナーを支援して驚くべきゲーム体験を届けるために Unity Success Plan を利用している顧客のうちの 1 社です。

この記事では、Paradox Interactive が Unity サポートにアクセスできたことが、どのように Romero Games の待望の新作『Empire of Sin』の制作に役立ったかを探ってみましょう。

大きな野望を抱いて発売する

Romero Games のチームは、同社が開発するギャングの抗争をモチーフにした戦略ゲーム『Empire of Sin』で「狂騒の 20 年代」を再現するための道具に Unity を選択しました。この野心的なゲームプレイのコンセプトは、禁酒法時代のシカゴの裏社会に着想を得たストーリーテリングに基づいて構築されており、そこには探索、リアルタイムの支配区域の開発、資源管理、ターンベースの戦闘などの要素が含まれています。Romero Games がこの複雑なストラテジーゲームを Unity で構築することにした理由は、反復修正が素早く出来ること、カスタムツールやワークフローの開発能力、エンジンの拡張性など、さまざまな理由があります。

「Unity で高速なイテレーションができるということは、プログラマーにとって最も重要な特徴の 1 つです。コードに対してどのような規模の変更も加えられて、かつコンパイルやリンクにかかる時間を気にしなくてよいのです。」このゲームのテクニカルディレクターを務める Keith O'Conor 氏はこのように述べます。「エディターのスクリプティング機能も大きな利点です。この機能のおかげで、ワールド構築のためのカスタムツールをたくさん作ることができ、私たちのゲームに特有なワークフローを簡単に開発することができました。」

しかし、適切なエンジンと経験豊富なチームを持っていても、すべてのプロジェクトには躓くポイントがあり、途中で挫折することもあります。幸いなことに、Romero Games のパブリッシャーである Paradox Interactive は、Unity Integrated Success Services(ISS)を含め、利用可能なあらゆるリソースを提供して、開発者が目標を達成できるように全力を注いでいます。

障害を取り除く包括的なサポート

一流のストラテジーゲームのパブリッシャーである Paradox Interactive は、クリエイティブな開発チームに Unity の包括的なサポートを提供しています。「ゲームのパブリッシングというのは複雑な仕事です」と説明するのは、Paradox Interactive で『Empire of Sin』のプロダクトマネージャーを務める Gustav Groth 氏です。「私たちが何をしているかを要約するとしたら、それは、『開発者がビジョンを実行できるようにすること』です。ゲームを開発すること自体、十分に難しいことですが、さらに私たちは開発者が情熱を持ってゲームを作ることに集中できるように、外部の障壁を取り除きます。私たちは、市場の知識、資金調達、パートナーとのコンタクト、プレイヤーに関するインサイトなど、多くのサービスを提供することでそれを実現しています。」

Paradox 社は開発の課題を理解しているため、開発者がゲーム制作に集中できるように障害を取り除くことに惜しみなく労力を注いでいます。同社はパートナーに戦略的にリソースを割り当てるために、Unity Publisher Support に加入しています。『Empire of Sin』の開発を推進するために、Paradox 社は Romero Games に Unity の Integrated Success Services(ISS)サポートへのアクセスを付与し、開発チームが Unity の開発者や専門家に直接連絡を取って、問題の早期解決を図れるようにしました。

Unity の専門家に直接つながる環境を提供

ISS プログラムの主な利点の 1 つは、Developer Relationship Manager(DRM)です。このケースでは、DRM は Romero Games チームを外部から支援する部隊として動き、プロジェクト、スタジオ、ビジネス目標を詳細に理解した上で、カスタマイズされたサポートを提供します。Romero Games の Unity 内部での代弁者として、DRM はリソースが最も必要とされる場所に確実に適用されるようにし、ベストプラクティスのガイダンスを提供します。DRM は問題を迅速に解決する支援を行い、ログに記録されたバグを優先的にトリアージして再現する専任の QA チームに送ります。重大な問題が発生した場合、DRM は問題解決を加速させ、開発チームが生産性を維持するために必要なすべてのものを確保する支援を行います。

定期的なヘルスチェックに加えて、ISS のサポートには、プロジェクトレビューという形での詳細な監査が含まれています。これはプロジェクトで使われている技術について詳細に調べて、最適化してパフォーマンスを向上させることができる要素を特定するためのものです。2 日間にわたってスタジオ内で実施され、Unity のエキスパートエンジニアがコードを掘り下げてリスクを指摘し、改善のための提案を行います。『Empire of Sin』の場合は、開発の早い段階でプロジェクトレビューを行うことで、ゲームの基礎を強化し、後のフェーズで貴重なリソースと時間を無駄にしないようにすることができました。

疑問が生じたとき、適切なタイミングで専門家に連絡を取ることができるかどうかが大きな違いとなります。Romero Games が ISS を通じて Unity と密接な関係を築いていることで、チームは問題のトラブルシューティングよりもゲームの制作に集中でき、スケジュール通りに、高い品質を保ちつつ『Empire of Sin』の開発を続けることができるのです。

 


 

経験豊富な開発者のチームでとっても、綿密なサポートを受けることには価値があります。Unity Success Plans が Paradox Interactive と Romero Games の目標達成にどのように貢献したかについては、弊社の公開しているケーススタディをご覧ください。

さらに詳しく知りたい方には、Unity Success Plans をスタジオの目標達成に役立てる 5 つの方法に関する e ブック(英語)をご覧になることをおすすめします。どのサクセスプランがあなたに適しているかは、弊社のチームにお問い合わせください。

2020年9月24日 カテゴリ: ゲーム | 4 分 で読めます
取り上げているトピック