Unity を検索

ゲーム開発者にスムーズなスタートを切ってもらうために

2020年5月25日 カテゴリ: ゲーム | 5 分 で読めます
取り上げているトピック
シェア

Catsoft Studios は、ゲーム開発者にとって重要な部分に労力を集中させるためには欠かせない、制作時間の節約を実現できるゲーム制作ツールを開発しています。

すべてのゲームはアイデアから始まります。そのアイデアとは、構築する世界観、魅力的なゲームの仕組み、プレイヤーが夢中になるようなフィーチャーなどさまざまですが、こうしたアイデアを実現するには多くの作業が必要です。Catsoft Studios は、アイデアを実際にプレイできるゲームに変えるまでの道のりをよりスムーズにするためのツールを作成しています。同社は Unity アセットストアに精力的に製品を発表しているパブリッシャーであり、コア製品である Game Creator を中心に、アイデアの実現をサポートするためのツール、テンプレート、およびシステムを数多く開発、販売しています。

Catsoft Studios はバルセロナを主な開発拠点としています。その中心人物である Marti Nogue Coll 氏は「Game Creator はゲームプログラミングとデザインの架け橋として機能します」と表現し、また、同社がアセットストアで製品を発表、販売するにあたっての精神について説明してくれました。

「私は、ゲーム開発サイクルを一連のレイヤーからなるものと考えるのが好きです。ゲームをゼロから作るときは、一番低いレイヤーから始めて、頂上まで登っていく必要があります。Unity を使うことで、この過程をいくつもクリアした状態からスタートを切ることができるのです」と説明します。「Game Creator はこれをさらに推し進めようとしています。キャラクターを特定の位置に移動させるために、方向ベクトルや加速度の計算式、アニメーション間の線形補間、障害物の回避などを扱うのは面倒だと思うでしょう。とにかく、キャラクターを A 地点から B 地点に移動させたいわけです。ここに Game Creator の狙いがあります。ゲーム開発をより人間にやさしいものにするのです。」

Game Creator はカメラ、キャラクター、変数、高水準のビジュアルスクリプトソリューションなど、ジャンルにとらわれない一般的なシステムのコアパッケージで、これが多数のツールの基礎となります。モジュールは、インベントリの管理から近接戦闘システムの定義クエストの作成まで、さまざまなゲームプレイ要素で Game Creator に機能を追加、または機能を拡張します。Stats モジュールは複雑な RPG の属性システムの作成を簡単にしてくれます。一方、Dialogue アドオンはキャラクター間の複雑で、分岐も含む会話を管理するシステムです。それぞれが Game Creator と密接に統合されており、開発者の自由度と生産性を高めてくれます。また、ビジュアルスクリプトシステムは Game Creator Hub で共有される無料のカスタムノードで拡張することができます。Game Creator のエコシステムには、開発者だけでなくゲームデザイナーにも魅力的な機能が含まれており、Marti さんは、彼のツールを「ゲームのアイデアを持っている人なら誰でも」使えるツールであると評価します。

自分の強みを活かしたスタート

バルセロナに暮らすコンピュータサイエンスの学生だった Marti さんは、自分がツールを作る才能を持っていることに気付きました。「モバイル向けの RPG を開発するプロジェクトで働いていました。そこでは、ツールやアセットの開発にほぼ 9 か月を費やしましたが、ゲームを完成させるのには 2 か月しかかかりませんでした。」と彼は言います。「ですが、後半の 2 か月間にストレスを感じていて、最初の 9 か月間のほうが満足感を得られていました。この事実が、自分にとっては完成品のゲームを開発するよりも、ツールを作る方が楽しいのかもしれないという気づきを与えてくれました。」

Marti さんは、学期の間の 2 週間の休みを利用して UDK、RPG Maker、Cocos 2D について深く掘り下げていきましたが、Unity に惚れ込んだのもの同じ時期でした。「Unity 2.6 を開いたとき、そのシンプルさに惚れ込みました。大きなシーンビューに映し出された島のデモで遊ぶのも楽しいし、スクリプトは自動的にコンパイルされ、インターフェイスは明快。これこそ私の求めていたものだと思いました。」と振り返っています。

そこから、アセットストアでの販売を目指して開発者向けツールの開発にシフトするのは自然な流れでした。Marti さんは、ゲームに携わるプログラマーの多くは、厳しい締め切りに縛られ、自分たちのワークフローのために優れたツールを構築する時間が十分に確保されていない、それどころか、ただ仕事を終わらせる程度のものを作って済まさざるを得ないケースもしばしばあることを知っています。「Game Creator に集中することで、このような状況を逆手に取ることができます」と彼は説明します。「すべての労力をツールにつぎ込み、ときどきゲームジャムに参加してテストするのです。」

アセットストアに刺激を与え、刺激をもらう

Catsoft Studios は現在 8 つのパッケージを Asset Store で提供していますが、Marti さんは自身の開発プロセスでもアセットを使用していると言います。「アセットストアには、隠れた逸品や有名な一流製品がたくさんあります」と彼がいつも使うリソースから、UMoiton Pro - Animation Editor や、Synty Studios の幅広いアートアセットパッケージスイートなどを引き合いに出しながら語ってくれました。

Marti さんにとって、アセットストアコミュニティの協力的なエネルギーと仲間意識が、Game Creator とそのモジュールを使っているゲーム開発者により貢献できるようにツールの洗練を行うモチベーションとなっています。「今のところ、夢のような仕事です。ゲーム開発者はゲームを作ることにとても情熱を持っています。どこかの開発者があなたにメールを送ってきたとしたら、それはその人の上司がメールを送るように指示したからではなく、開発者自身の知りたいことがあるという純粋な気持ちの現れなのです。」

今後の Catsoft Studios の取り組みとして、「Traversal」と呼ばれる新しいモジュールの開発が進められており、その後はポリモーフィックシリアライゼーション、DOTS、UI Toolkit などの最新の Unity 機能を活用したアセットを作成するための最善の方法を探る「研究段階」に進む予定です。

Marti さんにとって、アセットストアでの公開は創造性の好循環を生み出しています。開発者は彼が作成したツールを使用してプロジェクトを推進し、顧客との関わりを持つことで、Marti さんは自身が顧客のために開発したものの限界に挑戦し続ける意欲をもらっています。

「ほとんどのユーザーは、自分が作りたいゲームの明確なアイデアを持っていて、そのゲームを作ることになにより楽しみを見出しています。」と Marti さんは言います。「そんなユーザーたちとアイデアを出し合ったり、議論したりすることで、良いエネルギーと楽しい気持ちが爆発的に高まり、そして良いツールの開発を続けようというモチベーションもまた高められるのです。」このように Marti さんは締めくくっています。

2020年5月25日 カテゴリ: ゲーム | 5 分 で読めます
取り上げているトピック