Unity を検索

 数字で見るゲーム市場・2016年第一四半期:モバイルゲームの現在のトレンドがわかる最新レポート

2016年4月28日 カテゴリ: ゲーム | 2 分 で読めます
シェア

Unity Analyticsは「数字で見るゲーム市場」(Games by the Numbers) の2つ目のレポートをリリースしました。このレポートはデータを元に複数のプラットフォーム、地域およびデバイスにまたがってゲームのインストールに関するトレンドを明らかにするものです。

レポートからいくつかの重要なポイントをハイライトします:

  • 第一四半期は力強い成長: モバイルゲームは新年から力強く推移し、2015年の第4四半期と比較して30%の伸び率を示しました。とくに中国での伸び率が顕著で、Unityで開発されたゲームの31%のインストールを占めていました。
  • Androidが依然優勢:  A- Androidは2016年第一四半期でも首位を保ち、世界中のモバイルゲームのインストールの81%を保 持しています。対するiOSは17%です。
  • Androidの主要プラットフォーム: Kitkat (4.4) と Lollipop (5.0 および 5.1) がAndroidのゲームインストール数のうち73%を占めています。
  • iOSの移行進む: iOSではiOS 9.0(2015年9月リリース)以降のOSで行われたインストールが72%、8.0(2014年9月リリ ース)以降のOSで行われたインストールが90%を占めています。
Blog-body-image-800x200 (1)

すべての分析とトレンドを見るには、レポートをダウンロードしてください:

レポートをダウンロード(無料)

2016年の始めより、私たちは大幅なモバイルゲームのインストール増加を確認しています。中国はその原動力で、アメリカ合衆国のインストール数が霞むほどの結果を見せています。しかしながら、人気のあるAndroidおよびiOSデバイスは地域毎に大きく違います。ゲームインストール数でのトップ10カ国のあいだでは、ブラジルと韓国が最も高いAndroidの割合を見せ、日本が最も高いiOSの割合を見せています。

Androidは世界中のゲームインストール数をリードし続けていますが、iOSユーザーの方が最新のバージョンにより頻繁にアップデートしています。殆どのiOSユーザーがバージョン9.0(2015年9月リリース)を使用しているのに対して、最もポピュラーなAndroidのバージョンは以前Kitkat(4.4)とLollipop(5.0 および 5.1) です。

プラットフォームを越えて、デバイスの構成は一体どのようになっているでしょうか? グローバルで見ると Samsung 圧倒的にリードしています。しかしながら中国は例外で、Xiaomiを筆頭とするローカルブランドが強さを見せています。Appleの利用者はiPadよりもiPhoneでゲームを遊びたがる傾向があります。さらに興味深いことに、より新しいデバイスに切り替えるiPhoneとは逆に、人々は古いバージョンのiPadを使い続ける傾向にあります。

2016年第一四半期では、22万におよぶUnityで開発されたゲームタイトルが17億の異なるデバイスに対して42億回インストールされました。これは巨大なデータですが、私たちはこのデータからわかるトレンドや分析をみなさんが活用できるようにしました。お楽しみ下さい!

レポートをダウンロード(無料)

もっと情報が欲しい方は:

2016年4月28日 カテゴリ: ゲーム | 2 分 で読めます