Unity を検索

2 人の女性の先駆者による、技術を使いこなし、学びを楽しくするための物語

2022年4月4日 カテゴリ: コミュニティ | 11 分 で読めます
Image of Boddle Learning characters
Image of Boddle Learning characters
取り上げているトピック
シェア

女性史月間の締めくくりとして、Unityは、Boddle Learning 社の刺激的なリーダー、Edna Martinson 氏、Anum Akraam 氏と共に、EdTech 業界での経験について話をしました。彼女たちがこれまでたどってきた道、モチベーション、そして Boddle 社がどのように Unity を使って若い学習者に将来への備えをさせているのかについて、お読みください。

Boddle Learning's Cofounder, Edna Martinson and Senior Development Engineer, Anum Akraam

Edna Martinson 氏は、2021 年に Unity EdTech Creator Challenge 助成金を受けた Boddle Learning 社の共同創設者です。Anum Akraam 氏は、Boddle 社のシニア開発エンジニアで、学習を楽しくするための仕事をしているチームの一員です。今週開催された GSV カンファレンスで、お二人にインタビューしてきました。

Edna さん、起業家としてのご経験と、Boddle Learning 社の共同設立の経緯についてお聞かせください。どのように始められたのでしょうか。

Edna:私は 2018 年に夫の Clarence Tan と共同で Boddle Learning を設立しました。Boddle は、K-12 教育の分野において、子供たちがより楽しく、変化をもたらし、測定可能な方法で学ぶことができるツールを求めるニーズから生まれ、また拡大する学習格差に対応するために生まれました。

子供たちが大好きなエンターテインメントとしてのゲームと同じレベルの品質のゲームプレイを提供するために、Unity で構築することは当然のことでした。私は生徒の学習の成果や意欲を向上させるゲーミフィケーションされた体験を作ることに深い情熱を持っています。そんな私が作った Boddle が何千もの教室や家庭で使われ、あらゆる層の子どもたちの学習意欲に火をつけているのを目の当たりにし、信じられないという思いです。

本当に素晴らしい!Anum さん、Boddle Learning 社でのあなたの役割と経験についてお聞かせください。

Anum:子供の頃からゲームをするのが好きでした。ゲームの中のさまざまなストーリーやキャラクターに深く魅了され、まるでエキサイティングで不思議なことを直接体験しているような感覚になりました。コンピューターサイエンスの学士課程に入ったとき、私は趣味を仕事にしたいと思いました。なぜなら、人は自分が楽しいと思うことをするべきだと強く信じているからです。そこで、Unity が提供するチュートリアルを実践して、基本的な 2D や 3D のオブジェクトを使った小さなゲームを作るようになりました。

Boddle Learning で働くことは、私にとって本当に人生を変えるような経験でした。Edna と Clarence は、ここの従業員のために模範的な職場環境を作り上げました。誰もがこのプロジェクトに深く関わり、自分のことのように扱っています。私たちは自分たちの声を聞いてくれていると感じられますし、社内では常に健康が最優先事項として考えられています。Boddle Learning は、子どもたちの興味を引き、学ぶことを楽しくするゲーミフィケーション機能で、教育分野を刷新する可能性を持っていると、私たちはみな信じています。

Boddle 社が Unity を使って、より包摂的で質の高い教育へのアクセスを実現しているのは素晴らしいことです。 Boddle Learning 社の今後の展開について教えてください。

Edna :現在、Boddle はインタラクティブな 3D 数学のプラットフォームです。しかし、私たちが成長を続けるにつれ、Boddle は提供するテーマ、ゲーム、そしてグローバルリーチを拡大し、真のゲーミフィケーションマーケットプレイスに変貌していくことでしょう。私は、私たちはみな学生だと考えています。ですので、私自身の将来は、自分の知識ベースとリーダーシップスキルを広げ、学んだことを活かして周りのリーダーを育てるために、学び続けるというものになると思います。格言にもあるように、私たちは誰か他の人を成長させることで、自分自身も成長させることができるのです。

私にとって、技術に関連する分野にいる女性だということは、そうした女性を代表することを強調し、またそれを支持する機会でもあり、小さな女の子たち、特に私のような女の子たちに、私が達成したこと、あるいはそれをはるかに凌駕することを達成する能力があると知ってもらうことでもあります。

ご自身の価値観や使命を仕事に組み入れることができたようにお見受けしますが、やはりそのように思われますか。

Edna :もちろんです。Boddle を始める前から核となる価値観としていたのは、「良質な教育の重要性」「集めた技術や知識を使って他人を高めること」「互いに内面を大切にすること」の 3 つです。

この 3 つの価値観は、Boddle での活動の原動力となり、それはプラットフォームの中でも表現されています。瓶のような頭をしたユニークなゲームキャラクター(Boddle)は、知識を詰め込む様子を表現できるように作られたものです。Boddle たちが学習を進めていくと頭がいっぱいになり、中身を注ぎ出して植物を育てたり、超能力を使ったりします。これは、知識を得て、それを共有することの大切さを子どもたちに教えているのです。また、Boddle は頭が透けて見えるようなデザインにして、キャラクターの中にいまどのくらい中身が入っているかが他の人からわかるようになっています。

Loading screen featuring the Boddle Learning characters

中身の価値を教えることは、とてもパワフルですね。Anum さんは、リアルタイム 3D のクリエイターとしてどのような経験を積んでこられたのでしょうか。

Anum:私がこの分野に入ったとき、パキスタンでは Unity はまだ黎明期で、それを使う仕事はやや不安定な選択とみなされていました。しかし、ゲームの世界に没頭していたこともあり、一念発起して Unity を軸にしたキャリアパスを選びました。浮き沈みはありましたが、どんな道を選んでも浮き沈みはあるものです。基本を学んだ後、さらに深く掘り下げると、さらに興味が広がりました。そこは知識と可能性の海でした。

技術職の女性は非常に少なく、Unity の開発者はさらに少ないので、最初は少し圧倒されましたが、時間をかけて克服してきました。技術関連の業界には、女性が前面に出てきてポジションを主張することを応援している人たちがたくさんいることがわかりました。先輩や同期が性別に関係なく、いつもモチベーションを高めて助けてくれるので、この分野でマイノリティであることを気にせずに課題に挑み、乗り越えていくことができます。

業界内で評価されづらい存在であることを克服するのに役立ったことは何でしょうか。

Anum:そこに女性開発者が私しかいないことに歯がゆさを感じることもあります。しかし、これは私がキャリアをスタートさせたころに求めていたような指導を、若い女性たちのメンターとして行うことができるチャンスだとも考えています。日に日に、女性や業界のリーダーの考え方が変わってきており、女性がより技術に関する難しい役割を担っているのを目にする機会も増えています。私の指導のもとでもっと多くの女性開発者を育てたいと思いますし、自分から学びたいという女性には、この分野で始めるために必要な指導やツールを身につけさせる取り組みをすでに行っています。

他の女性へのアドバイスをお願いします。

Edna:技術の世界、特にゲームの世界では、社会にインパクトを与えるために、女性の代表が非常に必要とされています。私は、創作に対するビジョンと情熱を持っている他の女性たちに、インポスター症候群に陥って情熱を追求することをためらわないようにしてほしいと思います。彼女たちの声、クリエイティブなストーリー、ユニークな視点は、業界において象徴となる事例を増やし、他の女性のクリエイターやビジョナリーを刺激するために必要なものなのです。

Anum:私から他の女性へのアドバイスは、自分を信じることです。自分の能力に自信が持てず、多くのチャンスを前にしながら自分から身を引く女性をよく見かけますが、実は自分にはできない、ふさわしくないと思っているすべての仕事に対して、自分が思っている以上の能力を持っているものです。

キャリアにおいて尊敬する女性はいますか。

Edna:私が尊敬する素晴らしい女性はたくさんいますが、すぐに思い浮かぶのは、Lightship Capital の CEO である Candice Matthews Brackeen 氏です。多様な創業者を支援し、擁護し、世代を超える富を築きながらインパクトを与える彼女の献身的な活動は、感動的ですらあります。

Anum:私は、その大小にかかわらず、世の中を変えるためにあらゆる困難に立ち向かい、努力しているすべての女性を尊敬しています。もし 1 人だけ選ぶなら、P@SHA(パキスタンソフトウェアハウス協会)の CEO を務めておられる Jehan Ara 氏を挙げたいと思います。彼女は、パキスタンのソフトウェアとサービス産業の振興と発展のために、数え切れないほどの努力をされているからです。

Anum さんは、Generation Pakistan トレーニングプログラムのカリキュラムスペシャリストとしても活躍されていましたね。このプログラムについて少し教えてください。

AnumGeneration Pakistan はプログラムの卒業生に業界の基礎知識やトレーニング、就職先を紹介する活動を行っています。なぜなら、多くの卒業生が、Unity のスキルを持っていればゲーム開発業界で活躍できることを知らないからです。Generation Pakistan チームに参加し、パキスタンの大手ゲームスタジオに話を聞き、技術トレーニングやリソースにおけるギャップを理解したことは、私にとって素晴らしい経験でした。私たちは、学んだことをもとに、そのニーズに合ったトレーニングプログラムを作りました。その目的は、まず学生に Unity の可能性を知ってもらい、この業界で夢のある仕事に就くために必要なエントリーレベルのスキルとプロ意識を身に付けてもらうことです。

私たちは、クリエイターによる Unity の革新的な使用方法を知ることが大好きです。Edna や Anum のようなリーダーたち、および Boddle Learning 社のような企業に関する最新情報をお求めの方は、Unity のメーリングリストにご参加ください。

2022年4月4日 カテゴリ: コミュニティ | 11 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿