Unity を検索

Unity for Humanity「Environment and Sustainability」助成金への申請受付を本日より開始しました

2021年4月22日 カテゴリ: コミュニティ | 5 分 で読めます
In the foreground there is a person with long brown hair and a yellow coat sitting on a large rock surrounded be smaller rocks. In the background there is chunks of ice melting into a body of water and mountains tipped with snow.
In the foreground there is a person with long brown hair and a yellow coat sitting on a large rock surrounded be smaller rocks. In the background there is chunks of ice melting into a body of water and mountains tipped with snow.
取り上げているトピック
シェア

Unity は、国連環境計画(UNEP)および Project Drawdown と提携し、リアルタイム 3D を使用してより持続可能な世界を作ろうとしているクリエイターを支援するための、環境と持続可能性に焦点をあてた助成金を新たに立ち上げました。助成対象となったプロジェクトには、35 万ドルのプールからの助成金の交付のほか、UNEP と Project Drawdown からのコーチング、および Unity からのメンターシップと技術サポートが提供されます。ぜひ、申請をご検討ください。

4 月 22 日、Unity はアースデイを祝して、持続可能な開発、気候、生物多様性などに焦点を当てたイニシアチブを主導する、環境問題に関するグローバルチャンピオンの UNEP、および大気中の温室効果ガスの濃度の上昇が収まり、徐々に低下していく動きに移行する「ドローダウン」に世界を導くために活動している非営利組織 Project Drawdown と提携して、新たに Unity for Humanity「Environment and Sustainability」助成金を立ち上げたことを発表しました。

新しい助成金は、気候変動、クリーンエネルギー、海洋の健康、持続可能な都市、生物多様性の保護などをはじめ、持続可能性に関するテーマのリアルタイム 3D 体験を制作するクリエイターに向けたものです。UNEP と Project Drawdown からそれぞれ招いた気候科学の専門家が、助成の対象となるプロジェクトを決める選考委員会の委員を務めます。助成の対象となったプロジェクトには、プロジェクトが最大限のインパクトを与えられるようにするための技術サポート、マーケティングサポート、およびコーチングと併せて、35 万ドルのプールから拠出する助成金が提供されます。

人類の未来は、炭素汚染を大幅に削減および汚染された状態から回復させ、気候変動の深刻な影響をいかに和らげられるかにかかっていることが分かっています。この助成金の目的は、リアルタイム 3D を活用して、没入型体験の開発を通して、私たち全員がより明るい、より持続可能な世界への取り組みのモチベーションを向上させようとしている、世界中のクリエイターの声がより広く、より大きく世界に届くようにすることです。

Unity にいる私たちは、クリエイターとは変革者であり、創造性は世界を変えることができるものであると信じています。この助成金は、より環境にやさしい未来を目指した革新的なツール、ソリューション、ストーリーを開発しているクリエイターがすでに環境に与えているプラスの影響を、さらに大きなものにするために設立されました。

このコンテンツはサードパーティのプロバイダーによってホストされており、Targeting Cookiesを使用することに同意しない限り動画の視聴が許可されません。これらのプロバイダーの動画の視聴を希望する場合は、Targeting Cookiesのクッキーの設定をオンにしてください。

私たちは、マオリ(ニュージーランドの先住民)のチームが地球環境を守るための支援や行動を起こす人を新たに生み出すために開発したモバイルゲーム『Ahi Kā Rangers』の開発などを通じて、この重要な仕事が行われつつあることを認識しています。また、手描きの 2D グラフィックで構成された、汚染された海を旅する子供を主人公にしたパズルゲーム『Samudra』や、世界中の海で問題となっているプラスチック汚染の危機について、ユーザーに深く考えさせるインタラクティブなソーシャル VR 体験『Drop in the Ocean』なども挙げられます。こうした事例は、変化を起こすためにクリエイターが作り上げた驚くべき方法の一部に過ぎませんが、まさにこうしたプロジェクトこそ、Unity for Humanity の助成金がサポートしようとしているものでもあります。

申請するための資格と提出物に求められる基準の詳細については、Unity for Humanity の「よくある質問」をご覧ください。社会に変革をもたらそうとしている人たちの事例や、国連の「持続可能な開発目標」、および Project Drawdown の「Climate Change 101」や気候変動の緩和のためのソリューションをご覧になり、インスピレーションを得ると良いでしょう。

Unity for Humanity プログラムを活用して、リアルタイム 3D を使うクリエイターにリソースや専門家からの支援を提供することは、Unity の持続可能性への取り組みの重要な要素です。2020 年の秋、Unity は UNEP に召集されたビデオゲーム会社のグループ「Playing for the Planet Alliance」に参加することを発表しました。このアライアンスに参加するメンバーは、ゲーム内の「グリーンアクティベーション」(環境に配慮したアクティベーション手続き)から、ビデオゲームのパッケージによる排出物やプラスチックの削減に至るまで、さまざまな方法で環境を支援するための行動を取ることを約束します。Unity はアライアンスのメンバーとしての具体的な取り組みとして、「Made with Unity」体験のうち、環境へのプラスの影響を生み出すことを目的としたもの、あるいは特に環境にやさしい形でを目的されたものを取り上げ、称賛することを掲げました。この助成金は、Unity が社会にインパクトを与えるための包括的な戦略のほんの一部であり、また、持続可能な未来への世界の移行を支援するための積極的な取り組みの一環でもあります。

Unity for Humanity「Environment and Sustainability」助成金は現在申請を受け付け中です。申請は、2021 年 6 月 3 日まで受け付けております。今回の活動は、バックグラウンドの違いを超えて、従業員とクリエイターがより公平で、包摂的で、持続可能な世界を作っていくことを目的とした「Unity Social Impact」部門による活動の一部です。

--

こちらのページで、Unity for Humanity プログラムの詳細や、「Environment and Sustanability」助成金への申請方法の詳細をご確認ください。

2021年4月22日 カテゴリ: コミュニティ | 5 分 で読めます
取り上げているトピック
関連する投稿