Unity を検索

デジタルツイン関連 Twitter のゲストによる 7 月の発信まとめ

2022年8月4日 カテゴリ: コミュニティ | 2 分 で読めます
Header image featuring 3 images of developers
Header image featuring 3 images of developers
取り上げているトピック
シェア

3 人の開発者を招いて Unity のデジタルツイン関連の Twitter アカウントから発信を行ってもらい、Unity で作業する中で学んだヒントやコツを共有してもらいました。この記事では、3 人がそれぞれ紹介した知恵をまとめます。

Adam Chernick 氏(ShoP Architects 社インタラクティブビジュアライゼーションディレクター)

1. まず戦略を練る

2. インパクト vs 難易度グラフ

3. 軽量なアセットとその最適化

4. ストレスのないユーザー体験

Adam をフォローする

Johan Hanegraaf 氏(Arkio 社アーキテクト兼製品責任者)

1. XR を使って物理的な建物とバーチャルの建物の両方を設計する

2. コラボレーションと複数のユーザーのための設計

3. AEC 向けの開発をしているなら、CAD および BIM ツールの統合について考えてみる

4. VR のための設計だけを考えない。Unity を使って VR での設計を考える

5. 複数のオーディエンスのための設計をする

Johan をフォローする

Andrew Gwinner 氏(フォルクスワーゲングループ XR ソフトウェアエンジニア)

1. ラムダ関数を使って、シグネチャが共通していない関数に UnityEvent を接続できる

2. [ContextMenu("")] 属性をつけたコンポーネントは、エディター内でその任意のインスタンスから関数を呼び出すことができる

3. 新しい InputSystem では、キー入力を検出する従来の Input メソッドをこのツイートのスニペットで再現することができる

4. ScriptableObject は素晴らしいワークフローの 1 つだが、シーン内のオブジェクトを参照することができない

5. レイヤーやタグなどの名前をファイルパスのようにフォーマットすると、Unity の UI は自動的にサブメニューを作成し、プロジェクトをより整理してくれる

Andrew をフォローする

8 月もさらにゲストが登場

これまで通り、エキサイティングなゲストが続々と登場します。デジタルツイン関連の Twitter をフォローして、8 月の毎週火曜日に私たちのフィードを引き継ぐのは誰か、楽しみにお待ちください。

2022年8月4日 カテゴリ: コミュニティ | 2 分 で読めます
取り上げているトピック