Unity を検索

バーチャルの世界と現実世界をつなぐ:デジタルツインの利点

2019年10月24日 カテゴリ: 建築業 | 4 分 で読めます
取り上げているトピック
シェア

デジタルツインのテクノロジーが、製品設計やインフラ計画の設計、製品の市場投入、およびメンテナンスの方法をどのように変えたのかについて最新の情報をいち早くキャッチしましょう。デジタルツインとは、具体的にはどういうものなのでしょうか?デジタルツインは、現実世界のシステムの挙動や振る舞いをバーチャル世界で完全にコピーします。設計データ(例:CAD)からモノのインターネットのデータまで、複数のソースから取得したデータセットを統合します。リアルタイム 3D プラットフォーム上に構築されたデジタルツインソフトウェアにこれらのデータを入力すると、デジタルシステムモデルを作成し、現実世界での挙動とまったく同じようにシステムの挙動をシミュレートします。最近、「Real-time 3D and digital twins: The power of a virtual visual copy」というウェビナーを開催するため、私たちは Engineering.com と共に仕事をする機会がありました。このウェビナーでは Unity 社内の専門家だけではなく、Unity の公認ソリューションパートナーで、産業市場向けデジタルツインプラットフォーム「Prespective」を提供している Unit040 の共同創業者兼 CTO、Guido van Gageldonk 氏からもご講演をいただきました。詳しくは、ウェビナーで録画をご覧ください。

  • デジタルツイン構築に何が必要か
  • デジタルツインを作成し、製品のライフサイクル全体を通して使用する方法
  • 製造業とインフラにおけるデジタルツインの実例

 

ウェビナーを見る

全部視聴いただく前に、デジタルツインの簡単な概説をご覧ください。ウェビナーで取りあげられている主要トピックをいくつかご紹介します。

デジタルツインにどの工程で取り組めば最も有益か?

実際どおりのオブジェクトをデジタル空間に再現するデジタルツインは、R&D や生産/建設からトレーニングおよびメンテナンスに至るまで、製品またはインフラ計画のライフサイクル全体で使用されます。設計からトレーニング、マーケティングまで、すべての部門にわたって単一の情報源を提供することにより、シナジー効果を発揮します。

デジタルツインによってもたらされる利点とは?

  • 製品が現実世界に存在する前に製品をテストして検証する
  • さまざまなシナリオを通して起こり得ることを予測し表示する
  • 製品がどのように動作し、時間とともに現実世界でどのように使用されるかを分析する

Unit040 によると、デジタルツインテクノロジーは、市場に出すまでの時間を最大 20% 短縮し、コストを最大 25% 削減します。施設での生産、使用、およびメンテナンス中に発生するコストの 80% 〜 90% は設計段階で決まるので、優れた設計を最初から使うことはプロジェクトの存続期間にわたって利益をもたらします。

産業市場でデジタルツインの需要をかき立てるものは何か?

産業部門全般にわたって設計チームとエンジニアリングチームは、より没入感のあるインタラクティブな方法で設計するために、ますますリアルタイム 3D テクノロジーを使用する傾向にあります。ただし、製品が制作される、あるいはインフラ関連のプロジェクトが完了すると、これらのチームは自分たちが制作したモノの利用実態、およびその動作が初期デザイン意図に従っているかどうかをほとんど把握できなかったのです。デジタルツインは、設計と使用法のギャップをリアルタイムで埋め、非常に有益なインサイトを明らかにします。これらのインサイトは、新製品の設計に使われるだけでなく、消費者からの継続的なフィードバックに基づいて、既存の製品やサービスをネット経由で更新およびアップグレードするためにも使用できます。最終的には、よりコスト効率およびエネルギー効率の高い方法で製品をより良く設計、運用、および良い状態に維持できます。

デジタルツインの活用事例

Unit040 は、オランダ社会基盤・水資源管理局によって運営されるオランダにある橋梁のデジタルツインを紹介しました。この橋梁のバーチャル化する対象物は、プロジェクトライフサイクルのさまざまな段階で使われます。たとえば、実際に橋梁の制御ソフトウェアやヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)に接続して、さまざまなシナリオ(例:異なる時間帯、天気、および自動車、ボート、歩行者、自転車などの交通量)でそれらのソフトウェアの精度を検証します。また、現実世界では再現が難しいシナリオを含むオペレーターのトレーニングにも使用されます。最後に、橋梁の実際の挙動と状態を仮想空間で常に正確に反映できる IoT コンテナを提供します。

提供元 Unit040

---

 

ウェビナーを見る

デジタルツインを使うと、ワクワクすることがたくさんあります。私たちは顧客のためにこのプロセスを簡素化することをお約束します。データはデジタルツインの生命線であり、パートナーの Pixyz とともに、あらゆる種類のデータを Unity に簡単に取り込むことに注力しています。また、エンジンに加えて、専用のデジタルツインソリューションを提供することでプラットフォームを強化する Unit040 のような企業とも提携しています。 

ウェビナーを視聴していただくと、デジタルツインの重要性について詳しく知ることができます。  

2019年10月24日 カテゴリ: 建築業 | 4 分 で読めます
取り上げているトピック